kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近の市場の動きは賑やかですね(笑)。大きく下げる場面もあるので、投資信託をスポット購入している人も多いようです。

そんな時に、気になるのが手数料ですね!投資信託を探す時に手数料無料をシッカリとチェックする投資家が増えてきました。

同じ商品(類似商品)であれば、コストが安い方がお得ですから、その意識が高いのはとても良いことだと思います。

ただ一部では、「販売手数料0円(ノーロード)」を意識しすぎて、信託報酬よりも販売手数料を優先してしまう傾向があります。これは間違いです!

【販売手数料よりも信託報酬が重要】

商品Aが販売手数料3%、商品Bが手数料0円であれば、当然ですが商品Bの方がお得ですよね!

では、これに信託報酬(年会費のイメージ)が商品Aは1.5%、商品Bが2%という条件が加わるとどうなるでしょうか?

100万を期待収益率5%で20年運用してみると・・・商品Aは193万円、商品Bは181万円になりました。

商品Aは販売手数料が3%と高いので敬遠しがちですが、実は信託報酬が商品Bよりも0.5%低いことで、将来リターンは有利な結果となるのです。

つまり投信のような長期保有の場合は、コストの意識順位は1番が信託報酬で、2番が販売手数料となります。(反対になっている人が時々います)

また、コスト(信託報酬)に関しては投信よりもETFの方が安い傾向があるので、スポット購入ではETFを利用するのも良いと思います!

私が米国市場に連動するある投資信託と海外ETFで概算をしたところ、海外ETFの方が約25万も利益が大きくなりました(100万を期待収益率5%で20年運用・為替等は考慮していません)

【参考】投資信託と海外ETF、良いのはどっち?

経験が浅い人ほどコストというと販売手数料に目が行く傾向があるのですが、「運用成績に与える影響は信託報酬の方が遥かに大きい」という事は頭に入れておいて欲しいと思います。

kaoruでした。

【追記】
私は積立投資でセゾン投信(セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド)をメインにしています。
ただし、今回のような株安時にスポット購入をする時は、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を利用しています。
(積立は投資信託、スポット購入はETFというスタイルを基本に運用しています)

【kaoruの資産運用方法はコチラです⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |