楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

前回の記事では、暴落時に買った海外ETFの話をしました。そしてETFについては国内ETFも買っています。

それが、カブドットコム証券のフリーETFである「MAXISトピックス上場投信(1348)」(日本市場)と「SPDR S&P500 ETF」(米国市場)です。

上記商品は他社証券でも購入できますが、売買手数料が無料なのはカブドットコム証券のフリーETF(カブコムさん赤字では?)だけです。

しかも「MAXISトピックス上場投信(1348)」はTOPIXをインデックスとするETFや投資信託の中では、信託報酬が最安水準で魅力的です。
(投資信託と比較すれば、コストは3~5分の1)

今回のように日本株の大半が下落した時などは、スポット購入で利用しています。(積立は投資信託、スポットはETFで買うのが私の方法)

また、米国市場も連日下っていたので「SPDR S&P500 ETF」を購入。こちらも円建てで買えるETFや投資信託の中では最安値水準です。

フリーETFというと、手数料無料の部分に注目が集まるのですが、信託報酬も最安水準が多い点をもっとクローズアップしてもらいたい気がしますね!

前回の記事でも書きましたが、上記のETFも全て成行で購入しています。「株価が割安水準ならば、指値は不要」というのが私のやり方です。

むしろ欲を出しすぎて、指値まで下らず購入できなければ大失敗ですからね・・

話は戻しますが、カブドットコム証券のフリーETFは信託報酬が魅力的な上に売買手数料が無料なのですから、どうしてこんなに注目度が低いのか?不思議でなりません。

普通に考えると“赤字覚悟のサービス品?”ですので、万々歳の商品です。
でも・・、こればっかり取引されたらカブコムさんは困るでしょうね(笑)

【参考】フリーETF(手数料無料)の一覧
それぞれのETFについて特徴を簡単にまとめました。


ちなみに先週はTOPIXとS&P500は全営業日で購入、今週・来週も割安と判断した場合はどんどん購入します。
手数料無料だと、小口購入を繰り返しても無駄なコストが発生しませんから!

kaoruでした。

【追記】
カブドットコム証券は私のお気に入り証券。
その理由の一つに今回紹介した“フリーETF”の存在があります。
また、外貨MMFや株主優待も他社よりも優位性が高く、注目の証券会社です。
(他社よりも優れている部分が多く、もっと人気がでても良いと思っています)

【業界唯一!手数料無料のフリーETF】はカブドットコム証券だけ!


【これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?
●大人気の海外ETF⇒バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |