kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

積立投資は相場が荒れた方が安値仕込みができるので、将来リターンの期待が大きくなるという話は聞いた事があると思います。

しかし、実際には投資金額よりも評価額が低くなると、不安になってしまうという人もいるようです。

気分的には資産がプラスになっていくのを見ているほうが楽しいですから、そういった人の気持ちも良く分かります。

ただし、その思考は株式等のスポット投資の感覚から来るものです。私は積立投資で株価が下った場合は本気でラッキーだと思ってしまいます。

ですから、現在の相場状況というのは追い風?という感覚が強くあります。

・・というのも、積立投資の場合は「ゆるやかに右肩上がり」よりも、「大きく下落を継続して、その後に上昇」の方が最終資産額が大きくなるというケースが多々あるのです。(この事は、先月の日経新聞でも紹介されていましたね)

実際に、私は積立の開始長後からマイナスが続きましたが、そのおかげで今は大きなリターンに繋がっています。現在の株安に関しても資産を大きく伸ばすチャンスと捉えています。

積立投資はスポット投資とは根本的に違うので、最初の基準価格が15000円で将来的に10000円に下ったとしても、プラスになる可能性が充分にあります!

スポット投資では相場下落に直面した時に「早く回復して~」と願うのは当然ですが、積立投資に関しては「回復するな~」と呟く方が正解かな?←大声だと嫌われるので注意(笑)

また、積立投資の成功条件としては、将来の経済拡大という前提がありますが、個人的には全然心配していません。むしろ、経済縮小が継続的に起こるような状況については、どうすれば可能なのだろう?と考えてしまうくらいです。

積立をコツコツ続けていけば、老後不安なんて関係ない話だと思っています。
(今の相場は、将来資産に対しては明るい材料というのが私の認識)

【参考】セゾン投信の説明ページに「毎月5万円の積立をした場合」のシミュレーションを追加しました。

現在は企業成績が良いのに株価が下落している異常な状態ですので、いずれ適正な状態に戻っていくと考えています。個人的には、積立投資の好条件が揃っていると思っています。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。
(積立の場合は、開始のタイミングは考えなくて大丈夫!)

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【これは業界の常識!?⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |