FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

9月初めに『フリーETF、連日の成行注文』という記事を書きました。

割安期間中は日本市場と米国市場を淡々と買って仕込んでいくと考えなので、現在も継続して行っています。

ちなみに私は、米国市場についてはSPDR S&P500 ETF(1557)、日本市場についてはMAXIS トピックス上場投信(1348)を利用しています。

上下が激しい相場ですが、連日購入で短期型のドルコスト法みたくなっているので、下落も気になりません。 正確には記憶していませんが、マイナスが大きい時でも2~3%程度だったと思います。

もっとも反対にプラスも抑えられる面もあり、上昇に転じたき現在も4~5%程度の利益となっています。

ETFの購入は米国株と比べると金額は少ないのですが、8月末から、ほぼ全営業日でETFを10万ずつ(合計20万)購入していたので、投資額は600万くらいにはなっています。

そうすると4~5%とはいえ、30万程度の利益がでていますので、1ヶ月程度の期間と考えれば悪くない状況です。

今後については、10月末から年末にむけて相場全体が上昇と予想していますので、買い増しを継続していきます。

個人的には、あと10%くらいの上昇であれば、それほど難しくないと思っています。いずれにしろ長い目で見たら、割安にしか見えないので、利益は気にしないで仕込み金額を増やす事だけに集中していきます。

以前も同じような事を書きましたが、私はスポット購入では投資信託ではなく、コストが安いETFを利用しています。

個人的には手数料が無料のフリーETFをフル活用しています。いつも同じことを言いますが、もっと注目されるべき商品だと思います。

kaoruでした。

【追記】
カブドットコム証券は私のお気に入り証券。
その理由の一つに今回紹介した“フリーETF”(手数料無料)の存在があります。
投資家に有利な条件となっているので、本来であればもっと!もっと!注目されるべき商品だと思っています。
カブドットコム証券の魅力←他にも魅力がたくさん)

【業界唯一!手数料無料のフリーETF】はカブドットコム証券だけ!


【これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?
●大人気の海外ETF⇒バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |