FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

8月末から、ずーっと「買い!」というスタンスでここまで来ました。
不安定な低迷相場も終わりの兆しがみえてきており、買いが功を奏して利益が日々積み重なっている状態です。

私の買い姿勢については「TVや新聞の意見と正反対では?」という質問をいただいたりする事もあったのですが・・・、結論から言うと私の考え方は、一般的で多数派なんです。

以前にも書きましたが、マスコミは短期売買の話をしているので、中長期の私と違った意見に見えるだけです。しかし、「相場不透明、弱気相場」といっていたアナリストに関しても、中長期視点では「割安」「強気」が大半というのが実情です。

私の投資は、数千万単位に上ったので「危険!?」と感じた人もいるかもしれませんが、将来に向かって大きく下げるような材料があれば、恐くて数十万ですら買う事はできません。

例えばバブル崩壊は、株価が異常なほど割高だったので、暴落して正常な価格に向かいました。リーマンショックは、金融が崩壊して企業の業績も悪化したので、下げが厳しくなりました。つまり、株価が下落する理由があったのです。

しかし、今回の下げはどうだったかと言えば、バブル崩壊のような異常な割高感は全くなく、リーマンのような業績悪化もありません。つまり下落を恐れる理由が見当たりません。

市場不安さえ無くなれば適性株価に戻る(上昇)ことは、容易に想像がつく状況だったわけですから『中長期投資であれば、どんどん買ってこう!』という判断になったわけです。

繰り返しますが、私の『投資感覚が鋭い』とか『勝負勘が良い』といった事実はありません。むしろ、中長期投資では平凡な意見だったと言えます。

マスコミで取り上げられる『相場の先行き不透明・・』という言葉の大半が、1週間~1ヶ月程度の短い期間を指している事は、頭に入れておくと良いと思います。

なぜ、こんなに情報が偏るかと言えば、単純に投資をしている人の大半が短期売買だからです。中長期投資家が少数派なわけですから、今後も同様の状況が続くと思います。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【これは業界の常識!?⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |