kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は老後や介護に関するTV番組が多くなってきましたね!
『老後破産』なんて言葉もあるので、将来に不安を抱えているという人も多いかもしれません。

そんな事もあり、最近は老後の資金計画に対して「介護費の金額をいくらいにするか?」という質問も増えてきています。

さて、私の見解ですが、介護費に関しては、実際の費用よりも大きな金額を想像している人が多い気がしています。

個人差はありますが、「約500万」というのをベースに私は考えています。

この金額に対しては「ちょっと低すぎでは?民間有料老人ホームでは一時金だけでも1000万を超えています」と疑問に思う人もいるかもしれません?

しかし、こういった高額負担の施設に入居しているのは、一部の人だけで介護費用のスタンダードを表しているものではありません。

実際には、自宅介護に関する費用を見てると、月に約4万5千円前後という人が最多ゾーンという結果となっています(2015年調査の実績)

また、介護の平均期間は約5年間です。これをもとに計算すると・・

1年間の介護費 4万5千円×12月=54万
5年間の介護費 54万×12=280万


単純に実費だけで考えると「300万以下」ですので、私が最初に提示した「約500万」という金額が決して切り詰めたものでは無い事がわかると思います。

現実的には介護費だけを見れば、これくらいの話なのです。介護に関しては費用よりも精神・肉体の疲労や時間拘束などの負担が大きいのが現実だと思います。(介護費を増やす事で、負担を減らす事は可能です)

ちなみに、500万を20年程度で貯める為に毎月の必要額は、預金(年リターン0.1%)ならば約2万円くらい、投資等で年リターン5%で運用できれば1万2千円程度です。

介護が必要となる年齢は80歳くらいからが多いので、準備する時間はタップリあると考えて良いと思います。介護状態にならないケースも多いわけですから、費用面に関しては過剰に神経質になる必要は無いというのが私の考えです。

今は民間の介護保険も需要が高まっていると聞きますが、私ならばその保険料を上記のようにコツコツと積立していく事を選択します。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【参考:はじめての資産運用】老後資金はいくら必要?

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |