kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年もあと2ヶ月ですね、ちょうど来年の投資方針を纏めているところです。

その中で、不動とも言える位置づけなのが「セゾン投信」です。
私が最も信頼を寄せている商品でもあります。

【参考】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのポイント

しかし、セゾン投信の資産が順調かといえば、決してそうではありません。今年の資産増の牽引役は米国株となっています。

米国株は8月末の下落時から1ヶ月以上にわたって集中投資をしたので、現在は日々利益が増えている状況です。しかし、それでも資産運用の主役交代は考えていません。

私が積立の増額を決めたのは、相場状況が最悪ともいえる9月30日を基準にした「セゾン投信」のデータを確認したからです。

3年積立を継続している人は約+13.5%、5年ならば約+35.5%となっています。ただし、今年1年間だけ積立をしている人は約▲4.5%とマイナスです。株安のピーク時ですから当然ですね。

積立を数年継続している人はシッカリ資産が増えていますし、今年のような株安最悪期だけを抜き取ってもマイナスが小さく抑えられています。

良い数字だけをチョイスして“凄いね”というのは簡単なのですが、私は長期投資ですので悪い時の数字の方が気になります。

これを見て「資産資産ならセゾン投信だなぁ」という気持ちが更に強くなりました。

今回の株安は私のように利益を出した人は多いのですが、凄い大きな損失を出している人もたくさんいます。それを知っているだけに、セゾン投信の安定感は非常に魅力的です。

積立をはじめて1年以内の人は、もしかしたら株安のマイナスになってションボリしている人もいるかもしれません。ただ、私から言わせれば「安値で仕込みができてラッキー」だと思います。

以前も書きましたが、積立投資の利益は「ズーット上昇」よりも「低迷(マイナス)が継続で上昇」の方が大きくなる可能性が高いのです。

私はセゾン投信に対して年5%程度のリターンを期待しており、今期は長期運用への自信を更に深めることができました。来期に向かって増額を決定したので、早速手続きに入ります。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【米国株は大型株が凄い⇒NYダウへの投資が魅力!

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |