kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今期は投資が好調で過去最高を更新する勢いです。ただし、100%成功ではなく大失敗している投資もあります。それがプラチナです(私の失敗談)

現状のプラチナ価格は、ゴールド(金)を下回る状態となっています。
金と比べて生産量が20分の1しかなく生産コストが高いという点を考えれば、異常とも言える状態です。

ただし、プラチナの需要は工業用(自動車など)が大半ですので金とは全く違う物と考えた方がいいかもしれません。

さて、プラチナと金の価格に逆転現象が起きた時を調べると、リーマンショックや金融危機といった時になります。プラチナ価格が低迷するのは経済不安が強いときといった感じかな?

価格逆転が10ヶ月程度も続いている事を考えると、投資家心理の中に世界経済への不安がズーット燻ぶったままの状態なのかもしれませんね。

そこにきて、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題が発生。ディーゼル車の触媒に使用されるプラチナは大打撃ですので、価格低迷から抜け出すには時間がかかりそうです。

私は金とプラチナの逆転現象が起きた時に、安値付近でプラチナを買えたと喜んでいたのですが、現状はマイナスに沈んでいます。上値への抵抗が想像以上に強く完全に読み違いでした。

今回はプラチナがあまりに安いので、「これで儲かるかも?」と卑しい気持ちで購入したのが失敗の原因。私が失敗する時は、「儲けよう!」という気持ちが強すぎるときです。

最近は落ち着いていると思っていたのですが、いまだに時々「儲けたい病」が発生(笑)「いったい、どこまで欲深いのだろう?」と恥ずかしくなりますね。

もともと、鉱物に関しては実物資産や信用力に魅力を感じて投資を開始しました。その趣旨から考えると、金(ゴールド)だけで充分ですね。

ちなみに、金については信用力の高さから、中国は外貨準備として金の購入を続けていますね。ロシアなんかは中国以上に積極的です。

極論を言えば“世界の通貨”みたいなものですから、イザという時の備えとしては最強系かもしれません?米利上げ前後は魅力的な水準になることが多いので、純金積立の増額を行いました。 

kaoruでした。

【追記】 
私は安心資産としてマネックス・ゴールドで純金積立を実施しています!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。
(市場不透明感が高まると注目されるので、分散投資にも役立っています)

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!
●積立した金が一定量を超えれば、現物ゴールドに変更が可能。
●シルバー(銀)やプラチナ(白金)も取り扱っています。
●金投資のレポートなど、サポート情報が充実。


【kaoruの資産運用方法はコチラです⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |