kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

年初に日経平均が17000円を割る可能性も・・・と書きましたが、いきなり割ってしまいました。しかし原油安や中国不安が理由で実体経済とは別の原因です。

昨年の8月に不安心理から世界同時株安になった時は、約2ヶ月にわたってETF(“フリーETF”)を買い続けました。年末に株価が元の水準に戻ったことを確認して全て売却した結果、苦労することなく利益を得る事ができました。

今回の下落も“不安”という心理が大きな原因と考えています。
そこで、前回に続きSPDR S&P500 ETFMAXIS トピックス上場投信の購入を開始です!

あとは、株式市場が元の状態に戻る事を期待して、毎日少しづつ購入していくだけです。元の水準に戻るのがいつ?なんて予想はしないで淡々と買っていきます。(以下は昨年の投資、今回も同じ考えで買っていきます)

昨年8月から年末、SPDR S&P500 ETFのチャートです。実際にはMAXIS トピックス上場投信も買いつけ同様の手法で売却しています。

500S&P

通常の投資は、未来の成長期待に対して行いますよね!上記の例は成長の予想なんていりません。ただ、元の状態に戻ればいいだけです。私が気楽に資金を投じるのはそれが理由です。

私は基本的に積立を中心とする長期投資ですが、今回のような相場展開ではスポット投資も積極的に取り入れています。長期の積立投資でジックリ資産形成しながら、簡単な時期だけスポット投資を行うというのが、私の投資スタイルです!

ここからは、ニュースや新聞のアナリスト意見に耳をふさぐだけ?(笑)。
市場の短期的な動きは分かりませんが、株価が20%下がっても、実体経済は下落していない事を理解できていれば充分だと思っています。

相場はジグザグするのが当たり前です。今回も暴落と報道されていますが、2013年末の日経平均株価は16000円台の前半で2012年末は10,000円台でした。こういった事を考えると、ちょっと騒ぎすぎかなぁ~という気がしています。

kaoruでした。

【追記】
カブドットコム証券は私のお気に入り証券。
その理由の一つに手数料無料の“フリーETF”の存在があります。
また、外貨MMFや株主優待も他社よりも優位性が高く、注目の証券会社です。
(他社よりも優れている部分が多く、もっと人気がでても良いと思っています)

【カブドットコム証券の魅力はコレ⇒業界トップ水準の商品がズラリ


《pickup》驚愕の低コスト投信が出現!?⇒たわらノーロードシリーズ

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |