kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


【kaoruサイト×ライブスター証券 共同企画】
ライブスター証券で、口座開設した人に2,000円キャッシュバック。
しかも、取引不要という事実上の完全ノーリスクキャンペーン!
★詳しくはコチラ⇒“超特”な限定企画が決定!

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は資産運用に興味を持つ人が増えてきましたね。
セミナーや雑誌でも、『日本の財政問題は深刻、公的年金も期待できないので、今から資産運用を!?』といった趣旨のものが多く紹介されています。

やや過剰な気もしますが、大枠での異論はありません。日本財政の厳しさを考えれば、消費税も10%で打ち止めとは到底思えませんからね。

また、政府ではGDP成長率を実質2%成長という目標を掲げていますが、専門家からは“潜在成長率は0.5%がいいところ?”と冷ややかな意見が多いのが現状。

そういう意味では、“日本の年金は不安、預金しても増えないので長期で資産運用をしよう”といった意見に賛成です・・、ただチョッと気になるのは、そこで日本株をクローズアップする紹介が多い事です。

う~ん、日本の将来性が厳しいと説明したあとに、日本株を勧める?初心者であれば“講師や専門誌で紹介されているから・・”と疑問に思うことなく追従してしまうかもしれませんね。

株式の分散投資を考えた場合、配分割合の基本は市場規模に合わせてしまう事です。それを元にして考えると日本株に割合は10%を下まわる事になります。

しかし、セミナーや書籍などは勿論、分散投資を看板に掲げるバランスファンドも日本株の割合が高いものが目につきます?

長期ビジョンで強気な材料があるならば、高い割合も理解できる部分もあるのですが、日本経済の将来を考えると・・どうでしょう?

これは、日本株がダメと言ってるわけではありません。以前から書いている通りで政策の内容で一時的に盛り上がる可能性はあります。短中期であれば、日本株の割合が高くても不思議には感じません。

また、個別企業を見れば経済が弱くても成長が続く優良銘柄もあると考えています。だからこそ、私自身も銘柄選別が上手な「ひふみ投信」で積立を継続しているわけです。

ちょっと思ったままに書いているので、話がまとまってませんね(苦笑)。簡単に言うと『その投資の根拠は?』と聞かれた時に、答えられる状態が好ましいという話です。

例えばですが、私が米国株が長期で有利と考える理由の一つには、人口増加の継続性があります。年間300万人ペースで増え続けると予想されており、2050年には4億人を超えると言われています。これは日本は勿論、他の先進国と比べても大きなアドバンテージです。

【参考】米国株の基本⇒はじめての米国株

ちなみに、私が老後資産の目的で長期積立を行っている「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の日本株の割合は株式全体の8%程度だったと思います。米国株比率は50%を超えており、私の考えと一致しています。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |