kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国の超有名な金融専門誌である『バロンズ』から、2016年の選好銘柄が発表されました。毎年、これを参考にしている人も多いので、どういった銘柄が選ばれたのか見てみましょう。

・~・バロンズ2016年の選好銘柄・~・
【参考】NYダウ★ S&P500● PER・配当利回り基準日:2015年12月9日

AMCネットワークス(AMC ケーブルTV) PER 22倍  配当3.5%
PERは市場全体や同業種よりも低い水準。ただし、私自身は銘柄情報の入手が難しいので、投資対象から外しています。

★●アップル(APPL iPhone) PER 12.5倍  配当1.76%
増配に加えて株価は20%の上昇も期待?個人的には中長期よりもスポット投資の銘柄。来年は新機種販売前の夏~秋に購入を検討。

●セルジーン(CELG バイオ薬品) PER 48.7倍  配当-%
多発性骨髄腫治療薬の「レブリミド」が牽引、2020年まで2桁増収を予想する声も。この銘柄は2015年の主役的存在でしたね。

●CVSヘルス(CELG ドラッグストア) PER 20.8倍  配当1.47%
増配・利益の2桁増が期待されています。決算が中期的に好調なイメージが強いので以前から気になっていました。

●デルタ航空(DEL 運輸) PER 11.7倍  配当0.9%
2016年の1株利益は24%の上昇が予想されていますが、更に上ぶれする可能性も?以前に購入したいと思いましが情報が少なく断念した銘柄。

●ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズ
(DFS クレジットカード)PER 10.4倍  配当2.0%
低PERで高ROIであることから20%上昇期待も!ディスカバーカードは日本では無名ですが国際ブランド。ダイナースクラブ・インターナショナルも傘下。

●エレクトロニック アーツ(EA ゲームソフト大手) PER 25.4倍  配当-%
PERは割高ですが、利益は2020年までに2倍に増加と予想。個人的にゲームソフトは苦手で名前くらいしか知りません。

フットロッカー(FL スポーツシューズ・衣料の小売) PER 16.0倍  配当1.5%
絶好調のナイキから靴の独占提供が多数。PERはナイキの半分程度ですので、もしかしたら、こちらの銘柄の方が面白いかも?世界に直営店が3500店。

ゼネラルモーターズ(GM 自動車メーカー) PER 7.5倍  配当3.7 %
1株利益は急激な右肩上がりで、株価は30%増の期待も!個人的には今期だけで数百万を購入した最大保有の銘柄。配当も良いので長期保有の方針。

●モホーク・インダストリーズ(MHK カーペット大手) PER 9.5倍  配当-% 
原材料の低下と米国住宅市場の強さが追い風で、17%の増益が予想。すみません、この銘柄についてはほとんど知りません。S&P500に採用されています。


さすがは、バロンズだけあって、しっかりとした根拠を元に選別された銘柄が多いですね。とても参考になりました。

私から1つだけアドバイスをすると、“日本でも情報が入手しやすい銘柄なのか?”ということも考えた上で検討した方が良いと思います。上昇している時は良いのですが、下落している時に“理由が分からない”のは辛いですよ・・

また、米国株の投資では、NYダウの30銘柄だけで大きな資産を築いた人が多いという事実も頭に入れておくといいと思います。
【参考】NYダウへの投資が魅力

kaoruでした。

【追記】
米国株や海外ETFに興味がある人は、マネックス証券が注目です!
手数料が他社と比べて圧倒的に安く、銘柄数もネット証券で随一。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較


マネックス証券_米国株

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |