kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

日経新聞に「株価 経営者が占う2106年」という記事があったので楽しく拝読しました。(2016年1月1日)

大企業の経営者20名には日経平均株価の見通しを聞いたもので、読んでいくと共通項が多い結果となっています。

日経平均株価の高値については、平均で22,300円ということでした。
最高値を若干更新という無難な答えで、全然参考になりません(笑)

ただ、それぞれの声を分析していくと、高値を予想する時期が2つに集中している点は興味深く感じました。

もっとも多かったのは11~12月の年後半。米利上げが段階的に進むにつれて再び円安による企業収益の伸びが期待できるといったものです。
次に多かったのが6~7月で、夏場の参院選前の政策期待を意識したものです。

では、反対に安値の方ですが、平均で18000円くらいでした。
個人的には瞬間的には17000円を割り込むシーンもあるかな?と考えていますが、経営者の方々は強気ですね。

また、時期については1~3月に安値を付けると予想する声が過半数を占めました。ちなみに、参院戦前の6~7月に安値を予想する声はゼロでした。この辺も頭に入れておくと面白い気がします。

雰囲気としては、原油安や利上げの影響が残っている1~3月は、やや荒れるかもしれないけど、6~7月には落ち着いているという感じかな?

こういった事を考えると、もしも1~3月で日経平均が大きく下落する事態があれば、MAXIS トピックス上場投信(フリーETF)を購入して、ある程度の上昇で売却という戦略もありかな?と考えたりします。

実際には1~3月期がどういった状況になるかは分かりません。ただ、大きな下げがありれば、今回の記事を思い出した上で冷静に判断を下せば良いと思います。

私は短期的に相場が揺れた時は、中長期視点で見るようにしています。この事を意識してから投資がとても簡単になったような気がします。

kaoruでした。

【追記】
カブドットコム証券は私のお気に入り証券。
その理由の一つに今回紹介した“フリーETF”(手数料無料)の存在があります。
投資家に有利な条件となっているので、本来であればもっと!もっと!注目されるべき商品だと思っています。(株主優待のクロス取引でも人気)

【業界唯一!手数料無料のフリーETF】はカブドットコム証券だけ!


【海外ETFも凄い! 利回りを最新版に更新】
●大人気の海外ETF⇒バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |