kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 メリットを解説

5000円プレゼント企画

★岡三オンライン証券
(期間限定です。2017年9月末迄)
口座開設と入金で5000円プレゼント
【期間限定の特別キャンペーン】

『情報の岡三』と呼ばれるほどの情報力
kaourの投資でも情報源として活躍。

岡三オンライン証券のメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

株式市場は世界同時株安で幕を開けました。
・・・が、騒ぎすぎかな?昨年のNYも1月は軟調でしたので、“今年もですね”くらいの感覚しかありません。

毎回の事ですが、軟調になると市場は短期的なニュースで盛り上がります。中国のサーキットブレーカーとか実態経済とは別の話です。

こういった過剰反時で市場が弱い時に私が真っ先に買う銘柄はいつも決まってます。それは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。
※以後、文章中ではVTと呼びます。

読者から“やっぱりね~”とか、“私も買ったよ~”という声が聞こえてきそう(笑)

VTは世界の市場時価総額の98%を占めるという究極のETFですので、迷う理由はありません。世界同時株安の仕込にはピッタリかな?

【参考】海外ETFは魅力的!?⇒海外ETF 注目の15銘柄

今の状況を見ると優良銘柄も引きづられて株価が下落していくので、将来性が高いと感じる銘柄はどんどん仕掛けていきます。短期相場の動向で大騒ぎになっても、いつも通り中長期視点で買いを入れていくだけです。

個人的には新年早々から仕込み買いができるのは悪くないスタート。私はVTのような長期保有向きの商品や高配当銘柄が中心なので、保有量が増えるに従って将来の楽しみも増えていくと考えています。

そういった事情もあり現在の含み損益には無頓着!そういった事を気にするよりも安く買える時にシッカリ仕込む事方が後々良い結果になると思っています。

下げが続くと不安心理が沸き立ってくるものですが、あらかじめ市場が弱い時に買いたい銘柄を決めておくと心理状況は全く変わってきます。

そして、こんな時に私をワクワクさせてくれる最有力候補がVTです。

中長期的に考えれば怖さは感じていませんので、今後も低迷が続けば積極的に追加購入をしていきます。

国内でも優良なETFや投信も増えてきましたが、やっぱりVTを見ると海外ETFの凄さを感じてしまいます。

kaoruでした。

【追記】
VTなどの海外ETF購入には米国株取引口座が必要です。
私は米国株取引で、手数料が安いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【米国株で圧倒的な存在感!】
●米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。
手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
●取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
●指値などの機能が充実しており、国内投資に近い感覚で取引ができます。
マネックス証券_米国株

【今年はコレで頑張ります!⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |