kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私が資産運用で利用する商品にセゾン投信ひふみ投信があります。この2つは、販売会社を通さず運用会社が直接投資家に投信を販売する仕組みを持っています。

直販なので手数料が安く抑えられるメリットもありますが、運用者との距離が近い点はそれ以上の魅力かもしれません?これは投資初心者で相場の動きに一喜一憂してしまう人には大切な事だと思います。

例えば1月12日は日経平均株価が470円以上も下げて、年初来6営業日続落でしたが、夜にひふみ投信さんから、こんなメールが届きました。

【ひふみ投信 臨時レポート発行のお知らせ】※一部抜粋です。

短期的には株式相場は大きく変動します。どのように緻密に運用をしようとも、基準価額の下落を短期的には防ぐことはできません。

しかし、素晴らしい会社に対して長期的な視点で割安な価格で投資をすれば、運用成績において今まではそのような努力が裏切られることはありませんでした。

今後とも市場を注視しながら、しっかり投資を行い、今回の下げ局面もある意味生かして長期的によい成果を出すために全力を尽くしてまいります。

割安で優良銘柄を仕込んで、その後に大きく上昇するというのがひふみ投信のパターンですね。相場下落が数日続くと不安になってしまう人もいますので、こういったフォローメールで冷静さを取り戻す人もいると思います( ・∀・)=b グッジョブ

同じく直販投信のセゾン投信も毎月のように現状や今後の方針について書かれた報告書が届きます。

こういった細やかなサービスは投資ストレス解消の手助けになるので凄く重要。以前にもブログに書きましたが、下がってる理由が分からない時は、とても不安になってしまうものです。

下落相場の時に“不安で混乱”みたいな経験がある人は、直販投信も選択枝の一つに加えると良いかも知れません?
今回みたいな相場展開のときに“大丈夫ですよ~”のような連絡があると、非常に心強いと思います。

私自身も現在仕込み買いの最中ですが、このメールを読んで“もっと強気でもいいかなぁ~”という気になってしまいました(笑)

資産運用は長期間の継続が重要!直販投信は長期継続を後押しするフォローやストレス軽減に繋がる情報提供に積極的なので、とても魅力を感じています。

私は直販投信のひふみ投信セゾン投信を継続していけば、将来はニコニコの生活が待っていると思っているので、引き続きノンビリ運用をしていきます。

kaoruでした。

国内投資に関しては、銘柄選択に定評がある「ひふみ投信」の購入だけに絞っています。運用メンバーが一流揃いですので、自分で運用よりも好成績が期待できると判断しました。

ひふみ投信
日本株投信の雄!機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在。
TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。プロという言葉が似合う投信。
ひふみ投信

★投資信託の証券会社ランキングをリニューアルしました。
投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |