kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

このブログを見にくる人は、将来や老後に向けてコツコツ積立や毎月の貯金を実行(検討)している人が多いと思います。そうすると「他の家は、毎月どれくらい貯金(投資)してるのだろう?」という事も気になりますよね!

私のほうでいろんな資料を調べてみると、平均金額は約3万くらいでした!?
※個人的な集計なので、世間では違うデータもあると思います。

3万という金額を聞いて、「そんなに貯金してるの~ ∑(゚□゚;)ガーン」と感じた人や「よし!私は毎月4万。勝ったわb( ゚∀゚ ) ニ゙ッ 」といろんな感想があると思います(笑)

金額が届かなかった人も心配する必要はありません。いつも書いていますが平均値というのは、月に10万とか貯金している人がいると、引き上がってしまうので実態とはちょっと違う数字です。

実際に数字を見ていくと、毎月の貯金額は1万~1万5千円という人が多いのが現状で、2万円未満の人だけで60%くらいになります。(近年はズットこのパターン)

実際には月に3万円くらいだと上位30%の枠に入ってくるので優秀ですね。
更に言えば、5万以上だと10%くらいに入ってくるので、かなり凄い!

10%という数字を小中学校のクラス(約30名)に当てはめると、TOP3に入ってくる感じですからヒーロー、ヒロインぐらに目立つ存在かも?(例がメチャメチャ・・笑)

貯金とか資産については、凄~い大きな金額の人がいるので、そちらに目を奪われて焦ってしまう事もありますが、現実ちょっと頑張れば、半分より上を目指す事ができます。

老後に関しても下流老人とか老後破産という話が流行っていますが、半分より上を目指して行動をしていけば、何ら心配する事もないと思います。

★kaoruが想定する老後資金⇒老後資金はいくら必要?

毎月の貯金(投資)額は、世間との比較をする場合は、1万5千円で真ん中、3万円で上位30%、5万円で10%と憶えておくといいと思います(新聞やニュースの平均値は実体とのズレが大きいので気にしなくていい?)

気分的には上位30%(毎月3万円以上)だと安心感がありますね!第一目標としては、この金額を目指してみるのもいいかな?と思います。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【今年はコレで頑張ります!⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |