kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

回復しかけた株式市場ですが、原油安でガクッと下落してしまいました。
不安な気持ちがムクムクと成長してしまう人もいるかな?

経験が浅い人の中には、「投資のタイミングが、失敗したかも・・」と考えている人もいるかもしれません。

個人的な感想を言えば、現状に全く不安は感じていません。
過去を思い出せば、こういった時に積立投資をコツコツ継続したことが後々の資産増に繋がっています。

減っていく資産を見て、相場下落に歯止めが掛かって欲しいと感じる人もいると思いますが、先日の日経新聞で面白い記事が載っていたいましたので紹介します(1月27日・朝刊)

その記事によると、1980年から現在までの先進国株価指数は、上下を繰り返しながらも80倍にもなったという事です。

80倍は凄いですね!でも重要なのはココからです。
このデータを元にして株価急落時に一旦売却して、上昇してから再投資したパターンだと上昇率が4割に縮んでしまうそうです。

しかも、この期間は全体のたった2%!つまり、相場不安で瞬間的に撤退しただけなのに、リターンは凄く小さくなってしまったという事ですね。

過去の話ですが、投資で資産を大きく増やした人は、市場下落時でも相場に居座っていて、その後の上昇で利益を伸ばしている人が多いのが事実です。

個別株で業績が悪いるならば損切りも必要ですが、投資信託などで分散投資では慌てる必要は無いと考えています。

一般論として世界経済(GDP)の成長と株価は最終的に連動していく傾向にあります。そして、今年も世界経済はプラス成長ですから、私は素直にそれに乗っかっていくだけです。

今でこそ下落相場も大歓迎ですが、積立投資を始めた当初は下落があると青ざめていました(笑) 
でも現在の成長した資産を見ると、“あの時に恐くても、しがみ付いてきて良かった”と思います。

各社の決算を見ると業績は悪くありませんので、個人的には面白い時期だと考えています。(私は、こういった時に買いを積極的に行ってきました)

将来に向けてのセゾン投信の積立は仕込みチャンス時期ですので当然の継続ですが、日経平均株価が17000円を下回ればMAXIS 日経225上場投信(フリーETF)もスポット購入してこうと考えています。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【今年はコレで頑張ります!⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |