楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米雇用統計が発表、3月追加利上げが意識され下落しました。
(非農業部門就業者数は予想以下ですが、それ以外は良い内容?)

【参考】米雇用統計の感想、今後の投資スタンス

追加利上げの有無や原油価格など、企業の業績とは関係ないところで株価が動いているので、中長期視点で優良銘柄を拾うには面白い時期だと思っています。

今週は、定番のバンガード・トータル・ワールド・ストックETFを購入。
迷ったら先ずはコレですね(笑)、買っていて不安が無いのがいいです。

そして、大手製薬会社のファイザーをやや強気に追加購入。今の水準で購入して3~5年持っておけば相当に面白いと考えています。

あとは長期的に期待できる銀行株のウェルズ・ファーゴも狙っていたのですが、私が指値を欲張りすぎて到達していない状態。利上げ観測の有無で株価が振り回されているので瞬間的にストンと下がりそうな気がしてます・・・難しいかな?

私が買いが積極的なので驚く人もいるのですが、単純に下がっているだけなら買いません。今回の買いに関しても、米主要企業の10-12月期の決算が好調という理由があるからです。

相変わらずニュースはネガティブな話ばかりを取り上げていますが、1月末までに発表された米主要企業の決算は70%が市場の利益予想を超えています。

前回の記事で、【下落相場が資産を増やす!】という記事を書きましたが、今はそれに近い時期だと思っています。米企業の決算を見ていると、「なんでこんな株価なの?」と感じる企業がたくさんありますからね。

昨年はこういった時期に強気に攻めて、大きなリターンになって返ってきました。今回も前回と同じく“企業決算は○、個人消費も○・・でも株価はグズグズ”の状態。

しかも、ドル安という追い風も吹いているので、グローバル米企業にとっては今後の業績にプラス材料。なかなか、こういったチャンスは少ないので今のうちに高配当の大型株をどんどん仕込んでいきたいと思います。

短期的な動きを無視して中長期視点で状況を確認してみれば、昨年以上に買いやすいという印象!? 基本的に円高・ドル安は日本企業には逆風、米国企業には追い風です。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株取引で、手数料が安いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【米国株で圧倒的な存在感!】
●米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。
手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
●取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
●指値などの機能が充実しており、国内投資に近い感覚で取引ができます。
マネックス証券_米国株

【今年はコレで頑張ります!⇒2016年 投資・運用方針

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |