楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年から積立FXをはじめていますが、毎月の積立額を2倍、レバレッジは3倍に変更しました。

【参考】このFXは、ちょっと感激です!

理由は簡単で、国内はマイナス金利導入で銀行預金は軒並み低下。個人向け国債・変動10年も最低利率の0.05%になってしまい、国内の元本保証商品は事実上の目減りと言っても良いレベル?(インフレ・増税分はカバーできない)

そこで、今まで個人向け国債に振り分けていた金額の一部を積立FXに回すことにしました。

現在は円高ですが、中長期的には円安方向に戻ると思っています。
短期的には110円くらいまで突っ込む可能性もありますが、長期でみれば130円くらいと想定しています。

基本的に米国はユックリですが利上げ方向!円との金利差が拡大していけば、自然とドル買いへと戻っていくと予想しています?

積立FXは毎日買い付け(毎日積立)のドルコスト法ですので、仮にズルズル円高になっても被害は小さいですし、下がり続けても、その後にちょっと円安に振れるだけでプラスが狙えるので怖さは感じていません。

過去も同じパターンで積立を継続した結果、最終的に数百万の利益となりましたから、今回も同様の手法を行うだけです。

また、中長期で行うと金利(スワップ)についても魅力的です。仮に米ドルが金利(スワップ)0.5%だとしても、レバレッジ3倍で行えば1.5%になるのでこちらも資産UPに貢献してくれると考えています。

売却も簡単に出来るのも良い点だと思います。為替の影響があるので元本保証ではありませんが、上記の理由により年単位で行えば期待が高い投資だと考えています。 

今年の円高については想定通りというところもあるので、しばらくは強気で積立てを行って、円安になるにしたがい掛け金(またはレバレッジ)を小さくしていこうと思います。

基本的には半年~1年に1回くらい掛け金を微調節すれば、リスクを抑えながら充分なリターンが狙えるかな?と想像しています。

でも、結局は全然チェックしないで数年経過しちゃうかも・・?まぁ、グウタラ癖が出てもドルコストなんで良い結果は期待しています(笑)

マイナス金利の発表でお金のやり場に困っていましたが、これで私の方針は決定。積立額は既に増やしたので、しばらくはログインする必要はなさそうです。

kaoruでした。

【追記】
『積立FX』はSBI FXトレードオリジナルサービス。

●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。
SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |