kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

【参考】2月の米雇用統計が発表。米国株の強さが目立った2月!

以前に通信大手のベライゾン・コミュニケーションズと電力大手のデューク・エナジーが目標株価に到達したので半分売却した事を報告しましたが、その後も上昇を続けたので完全売却となりました。

高配当なので保有しておきたかったのですが、大型株は1~2ヶ月で20%近く上昇するケースは稀?短期間で上昇した場合は、加熱気味の可能性もあるので利益確定というルール徹底で、機械的に利益確定した感じです。

年明けから相場不透明感が継続していたので、安定性が高い通信や公益関係が人気が高まりドンドン上昇!落ち着いたら、買いなおしをしたい銘柄です。

また、個人的に注目しているモービルアイが20ドル台半ばまで急落したのでまとまった額を購入。今回の記事はその報告となる予定でしたが・・・

10日程度で35%上昇してしまい、朝に確認をしたら指値売却が完了。一昨日に用意した記事は完全消滅へΣ(゚口゚;.  まぁ、嬉しい悲鳴という事でOKです。


最近の上昇で利益確定が進んでいますが、米市場では依然として割安水準の銘柄が多いと感じているので再投資を行っていきます。

取りあえずはファイザー。個人的には今後5年くらいを楽しみにしている銘柄ですが、株価が低い水準でモタモタしているので追加購入の予定。

そういえばバフェットが『株主への手紙』で、米国経済の底堅さを強調して“米国売りの時期ではない”という趣旨の内容を公開していましたね。

「現在の米国成長率は充分な内容、今後も商業と革新に期待」みたいな感じだったかな?世間で度々持ち上がる、景気後退とか相場不安なんて完全に無視といった感じです(笑)

株価の短期的な値動きに惑わされず、しっかりと現在・未来の経済や業績を中心に投資判断を行うバフェットらしい感じがしますね。この考えで投資を継続しているのですから長期で資産が増えるのも納得です。

私は米国株に投資を始めてから資産が急速に増えましたが、その理由は銘柄選択や投資方法が良いという事ではなく、単純に現在・将来性が他国よりも優位性が高い国(米国)に投資をしているだけだと思っています。

利益を得やすい投資をシンプルに考えたら、米国株だったという感じですね。
急落時でも米国市場だけは、自信を持って買っているので、それが良い結果に繋がっているようです。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株投資で、手数料が安いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【米国株で圧倒的な存在感!】
●米国株のオンラインセミナーやレポートなど情報が豊富。
手数料は業界最低水準でダントツの安さです。
●取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
●指値などの機能が充実しており、国内投資に近い感覚で取引ができます。
マネックス証券_米国株

【私は高配当株を中心に投資⇒米国株の魅力は高配当、50年増配企業も!

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |