FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は老後資金の準備としてセゾン投信の積立を行っています。そして個人的な意見として“初心者に向いている商品”だと思っています。

【商品概要】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信は長期投資向きの商品設計になっいる点などメリットは多いのですが、通常の証券会社でも似たような商品(更に低コストな商品も!)があります。

それにも関わらず、私が“セゾン投信”と考えるのには理由があります。ズバリ言えば、長期投資向けの情報が多い点です。

私の経験では、積立投資を途中で挫折するパターンのほとんどは、短期売買の情報に振り回せれて、“このまま継続していて、資産は増えるだろうか?(減ってしまうのでは?)”という不安心理が原因です。

米国では長期投資という考えが根付いてるので、2月の世界同時株安でも“長期運用だから、株価が下がっても気にしない。いずれ回復するのでは?”という楽観論の個人投資家が多かったそうです。

しかし、日本では短期売買が主流となっているので、各証券会社が発信する情報は、どうしても短期売買のものに偏る傾向があります。

そして経験が浅い人ほど、これらの情報を長期投資向けと混同してしまうので、不安な心理状態になってしまう傾向があります。(1年未満の挫折が多い)

それに対してセゾン投信のビジネスモデルはお客様に長期運用してもらうことで利益が出る形ですので、長期運用での話題が中心になります・・というより短期売買向けの情報はありません(笑)

セゾン投信は脱落者が少ない事で有名で、今では運用資産額は1000億超え、口座数も10万件以上に成長。これは、長期投資家に対しての地道にメッセージを出し続けた結果だと思います。

【参考】優良投信のポイント?⇒純資産残高のチェックは必須

私は“積立投資でもっとも大切なのは、続ける事”と以前から言ってきました。その事が実践できる商品が“初心者に向いている商品”と考えています。

TVや新聞などで不安を煽るようなニュースが流れたときに、初心者が冷静でいることはと難しいのが実情です!そういった時にセゾン投信からの『長期投資家の皆様へ』という毎月のメッセージは気持ちを楽にしてくれると思っています。

★セゾン投信 月次運用レポートより一部抜粋(3月号)
ムード好転にはまだ時間を要するかもしれませんが、長期投資家にとっては、将来の果実育成に向けた好機と、腰を据えて仕込む機会にいがいありません。

kaoruでした。

【追記】
私の資産運用(老後資金の形成)は、長期投資のセゾン投信です。
個人的には最も信頼している商品で、積立購入しています。

この商品はリスクを軽減しており資産運用に向いていると思います。
お任せでOKなので貯金感覚で毎月積立を行っています。

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |