kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先月末、カブドットコム証券での毎日積立について記事を書いたところ反響が凄くて驚いています。

【参考】究極の積立投資を開始!

『これは私にピッタリです、さっそく設定しました!』という意見から『私は月一回の積立でも値動きが気になりません』など、多数の意見が寄せられました。

現在は個人様へ返信ができない立場にありますが、すべて目を通させていただきました。

その中で、『最初だけとは言え、30日分の積立設定は大変』という話や『月の積立予算が5000円なので、最少が500円でも毎日積立ができなくて・・』という意見が気になったので、ちょっと私の考えを書いておきます。

私は全営業日で積立をする完全ドルコスト平均法を実施していますが、その目的は『値動きを気にせずに、長期投資をする』というのが趣旨ですので、型に嵌める必要はありません。(月1回積立でも全然OK)

個人的には、値動きを気にしない積立という事であれば、3日に1回のペースくらいだと気持ちよく継続できるという気がします。

・・・というのも、仕事上の経験では、2日くらいの連続下落まではケロッとしている人が多いのですが、3日連続下落する不安になる人が多いからです。

3日おきに購入すれば、下落しても“安く仕込めているから、いいや”という気持ちになるのでは?と想像しています。

皆さんも経験があるかもしれませんが、長期投資でも上がっている時は気分が良いのですが、下がっていくと不安になります。ただし積立日だけは全く反対の心理で、高いと不満で安いと嬉しいですよね(笑)

ちなみに、3日おきの設定だと1日、4日、7日、10日、13日・・・で10回の設定ですみますね。

また、1回の積立を500円にすれば、1ヶ月の投資額は5000円ですから、お小遣い分での投資や初めての投資チャンレンジにも合っている気がします。

★私の積立ファンド⇒世界経済インデックスファンド

積立投資は途中挫折さえしなければ非常に魅力的ですので、長く続ける環境(心理)が大切だと思います。

kaoruでした。

カブドットコム証券
カブドットコム証券は、業界最高レベルが揃う実力派証券
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。
手数料は、50万以下の取引では4大ネット証券で最安値水準です。
【参考】カブドットコム証券、ココが凄い!

【投資信託も凄い】
●取扱い銘柄の約半数が手数料無料(ノーロード)
●毎月500円から積立可能なので、お小遣いでも投資が可能
●毎日積立(究極のドルコスト平均法)が作れる貴重な会社
●銀行引き落としの選択もできるので、入金の手間が省けます


【こちらも今年から始めた積立⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |