楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

10日間限定キャンペーン

≪楽天カード:期間限定キャンペーン≫

2017年10月17~27日 10:00迄
今だけ、新規入会&利用で
8000円相当のポイントが貰える!

楽天カード(顧客満足度で1位)
カードを検討している人は、キャンペーン期間中に申込むのがお得です

    
楽天カード 顧客満足度1位の理由を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

米国株の必須証券

【マネックス証券が選ばれる理由】

●手数料は業界最低水準。
●手数料無料の「ゼロETF」が凄い。
●取扱い銘柄数は他社の2倍以上。
●指値の有効期間はドーンと90日。
➨マネックス証券 米国株公式ページ

指値期間、時間外取引、米国株専用アプリなど、好条件が揃っています。
➨米国株 マネックス証券を徹底解説

MENU


IPOで強い証券は?


クレジットカードの秘密

クレジットカードに関しての基本・注意点をまとめました
kaoruのメイン&サブカードについても紹介しています。

クレジットカード

定番クレカ5選

学生カード鉄板の3選

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
J-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
FX本気

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

今月の注目は何?

優待

FPの資格&仕事

FPの資格や仕事、収入等の参考に!
FP入門

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

為替に対して『円高はいつまで続くでしょか?』といった質問が3~4月に急増しました。昨年が125円まで到達した事を考えれば、10%以上も円高なわけですから不安な声も頷けます。

為替に関しては短期的な予測が不可能に近いので非常に難しい話ですね。ただ個人的には今の円高ならば全然不安を感じていません。

直近3ヶ月くらいまでは105円くらいまで突っ込む雰囲気もありますが、年末までには115円~120円くらいになっていると予想しています。

・・・というのも、現在の状況から考えて、ここまでの円高を説明する理由が既に無くなっています。

例えば、“景気不安による円買い”というニュースや新聞報道もありますが、突出して悪かったのは日経平均株価だけで、米国は年初来高値に到達!新興国をみても悪くありありませんので説得力に欠けます。

また、米国は利上げで日本はマイナス金利ですから、日米金利差は少しずつ拡大していくので、普通に考えて円安方向です。

つまり、現在の円高状態については、専門家も適切な説明ができない状態?!。ただ・・・これはいつもの事だと思っています。

私が冒頭で不安を感じないといった理由はこのことです。つまり、円安材料の方が多いのに円高に向いているのですから、普通の状態になるのを待てばいいだけです。

私はこういった時にドンドン投資を行って、資産を増やしてきました。今も外貨投資に関しては、積立FXを2倍にして強気に攻めています。

ちなみに為替の流れの転換はいつも“何かのキッカケで突然起こる”というのが私が持つ印象です。このキッカケが何になるのかは?正直言って分かりません。

次の米利上げの時かもしれませんし、日本が経済対策を発表する時かも?あるいは選挙やサミットかもしれません。

いずれにしろ、ちょっとしたキッカケで、為替の動きが変わるような気がしています。それまでは強気で外貨投資を行います(直近3ヶ月程度は更に投資額を引き上げ予定)。 

専門家の多くが短期的には円高を危惧していますが、中長期の予想に関しては円安方向を維持している事を頭に入れておくことが大事だと思ています。

ちなみに、私が現在行っている積立FXについては、5年くらいで135円程度を目標にしています。将来に向かって円高よりも円安になる材料が多いと考えていますので、長期の外貨積立は私にとっては必須です。

kaoruでした。

【追記】
私の外貨投資はSBI FXトレードの『積立FX』です。
中長期の外貨投資として非常に魅力が高いと思っています。

●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。

SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |