FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

4月に2016年の運用・投資方針について微修正を行っています。

★こちら⇒2016年 運用・投資方針

その中で「Avest-E」朝日Nvest グローバル・バリュー株オープンの商品の名前が無くなっている事について驚いている人がいるようなので、補足しておきます。

まず、原則として私の投資方針というのは世界分散型のインデックス系ファンドを積立てる事が中心となっています。

★積立のメイン商品⇒セゾン投信世界経済インデックスファンド

それに+αとして、利益を狙ったアクティブ投資を加えるというスタイルです。この事が理解できれば、冒頭の疑問は簡単だと思います。

ここ数年、米国株の比率が上昇しており、アクティブ投資の比率が高くなりすぎている状態です。そこで、「Avest-E」朝日Nvest グローバル・バリュー株オープンを中止してアクティブ投資の比率を下げました。

反対にインデックス系は世界経済インデックスファンドを増やすことで上昇させました。今回の変更はファンドの良し悪しではなく、全体のバランスを考えたら自然とそうなっただけの話です。

もう少し深く話をすれば、日本株のアクティブ投資に関しては、ひふみ投信に注力していますが、もしも自分で日本株を売買してリターンが出せる状態になれば躊躇なく中止します。

もっとも、私の実力では無理だと判断したから、ひふみ投信にしているわけですから、今のところ変更予定はありません。

4月に投資方針を微修正したのは、新しい変革といった事ではなく、本来の目的に近づけるための修正だったという事です。

ここ数年の投資成績を見ると米国株が圧倒しています。それでも私の運用・投資方針の先頭には世界分散型のインデックス系ファンドの積立が並んでいます。この基本部分の変更は考えられない話です。

kaoruでした。

私は下記2商品を将来の為に積立中!
専門家からも評価が高く、お任せ型投信ですので初心者でもOKです。

セゾン投信
世界30ヶ国に分散投資することでリスクを抑えています。長期で資産を増やす事に信念を持っており、お任せ投信の代表格。

世界経済インデックスファンド ※今期から積立を開始した商品
三井住友トラストアセットマネジメントの傑作ファンド!?私は究極のドルコスト平均法(毎日積立)を実践中です。

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |