FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年になってから“NISAについて記事を書いて欲しい”というコメントを多くいただいています。NISAの仕組みについては別サイトにまとめてあるので、そちらを見てみてください。

【参考】NISA(少額投資非課税制度)って何ですか?

今回はNISAの重要度について個人的な考えを書かせていただきます。最初に結論を言えば“NISAは後回しでOK”(笑)

投資で大切なのは『利益を出すこと』です。そして、多くの人が“その方法を知りたい”と思っています?

それに対してNISAは、“利益に対して税金なしにするよ~”という話ですので、根本的に上記の目的を達成しない限り恩恵はありません。

つまり、本来は“将来有望な投資を見つけた⇒NISA口座で得しよう”という順番が正しいのですが・・・

実際には、“NISA口座を開設した⇒え~っと、何に投資したらいいの?”という反対パターンになっています。これは業界全体で口座開設を後押ししているのでしょうがありません。

では、NISA口座で向いている商品は何?という事ですが、最終的には“利益が出る商品ならば何でもOK”です。 

質問で多いのが、『現在、将来の為にA投信を積立ています、NISA口座も開設したので、新しい投信を積立ようと思うのですが何が良いでしょう?』ようなニュアンスのもの。

仮に私がNISA口座で積立を選択すると、セゾン投信世界経済インデックスファンドひふみ投信から選ぶと思います。つまり自分自身が定番で積立ている商品から探すという事です。

【参考】2016年 運用・投資方針

NISA口座は投資利益を非課税にする嬉しい制度ですが、運用成績の勝率を上げてくれるわけではありません。利益を出した人に対して、少しだけ恩恵があるという話です。

途中で述べましたが、投資で大切なのは『利益を出すこと』です。これが最優先事項でNISA口座は次の段階の話だと思います。

kaoruでした。

【追記】
“先にNISA口座を開設してから投資商品をユックリ探したい”という人は、SBI証券のように品揃えが豊富な証券会社を選んでおけば、いろいろ融通が利くので便利だと思います。(詳細:SBI証券の注目ポイント)
SBI証券

【注意】
投資信託の積立を月に複数回したい人は、カブドットコム証券マネックス証券が良いと思います。SBI証券は原則として1つの投信に対して月1回しか積立ができません。

【参考:積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |