kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

LINE上場(IPO)が決定してから、新聞等でも度々取り上げられていますね。
私のサイトもアクセス数が1.5倍に跳ね上がった状態が続いているので、関心度の高さが窺えます。(郵政IPOの時と同じ雰囲気)

【参考】LINEが遂に承認!郵政IPOのような盛り上がりを期待!

普段は投資をしない人も注目する銘柄は、初値がプラスになる傾向があるので、私は全力で申し込む予定をしています。

LINE株は多数の証券で取り扱われますが、今回は私から見て“当選が期待できる3証券”について書きます。(手数料が高い証券会社は外しています)

野村證券(ネット&コール)
主幹事ということでLINE株の取扱いは最大級。また、野村證券は当選してからの入金なので資金0円でチャレンジできます。店頭有利の会社ですが今回はネット抽選も期待できます。

マネックス証券
LINEの取扱株が、全てネット抽選にまわるので当選期待はトップクラスだと思います。郵政IPOでも同様の理由から当選者が続出しました。

カブドットコム証券
LINE株の取扱いは上記証券よりも劣りますが、委託幹事なのでLINEの取扱いを知らない人が多いと思います?競争率を考慮すると大注目です。
こちらも郵政IPOでは当選者続出でした。

【注意】三菱UFJモルガンスタンレー証券も当選期待が大きい証券!ただし、手数料が高いデメリットがあります。


また、SMBC日興証券SBI証券はIPO取扱数がトップレベルですので、今後も継続的にIPO参戦を考えている人は口座開設をしておいた方が良いと思います。(ただし、郵政IPOの時は申し込み殺到で当選率が低めだった印象があります?)

【参考】IPOに強い証券会社は?《2016年版》

LINEの抽選申込みは6月末に開始で最終が7月8日となっています。
今から口座開設であれば全く問題ありませんが、郵政IPOの時は新規口座開設殺到で通常よりも時間がかかった会社もありました。直近での申し込みは避けた方が良いと思います。

kaoruでした。

カブドットコム証券
LINEのIPOでは、ダークホース(穴場証券の1番手?)と噂されています。
私は郵政IPOの時にカブコムさんで当選できたので、今回は夫婦2人(別口座)で申し込んで複数当選を狙っています。
【参考】カブドットコム証券、IPO抽選ルール

【カブコムのIPOは、平等抽選ですので少額申込みでOK】


【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : ◆新規公開株(IPO)◆ - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |