kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先週、J-REITに関する記事を書いたら予想以上の反響がありました。
不動産投資は安定収入のイメージが強いので、興味を持っている人が多いようです!今回は私のJ-REITへの投資スタンスを書こうと思います。

【前回の記事】勘違いが多い?Jリート投資

まず、いきなりマイナスの事を書きますが、私は国内不動産に関しては長期的には悲観的です。とくに東京オリンピックが終了後には、不動産価格が大きく崩れる可能性もあると思っています。

・・とはいえ、不動産の賃貸料などは数年~十数年などの長期契約が中心ですから、世界混乱で株価が乱高下しても賃料収入は基本的に変わらないという安定感があります。つまり、オリンピック開催までの中期投資としては面白いと考えています。

【参考】オリンピック効果はJ-REITにも追い風!

そんな理由から、先月の英国騒動で市場が揺れた時に、MAXIS Jリート上場投信(1597)を購入しました(カブドットコム証券 フリーETF

Jリート(不動産投資信託)は大きく下がった時にスポットで購入できれば、安定的に高い利回りの分配金(賃料収入等)が得られる可能性があります。

一般的に株式よりも価格修正作用が強い性質があるので、ある程度強気に攻めても良いと考えています。

【参考】利回りの高さが価格安定の秘密?

それを考えると投資信託の積立よりも、暴落時にドーンと仕込む方がいいような気がしています。また、Jリートへの投資に関しては、個別銘柄、ETF、投信がありますが、個人的にはETFが一番好きです。

Jリートの個別銘柄はリターン期待が大きいのですが、ある程度の知識が無いと難しいという問題があります。

【関連】J-REITの増資は日常的?内容判断が重要

分配金利回りだけで銘柄選択をする人を見かけますが、Jリートは増資が頻繁にありますからシッカリ調べてから購入しないと“こんなはずでは・・”という結果になりかねません。

投資信託は一般的に手数料が高いという問題がありますが、指値ができないので、スポットで安く拾うに向いていません。

ちなみに、私はMAXIS Jリート上場投信(1597)を購入しましたが、一つ付け加えておきます。

個人投資家の間では、上記ETFに加えてNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)NZAM上場投信 東証REIT指数(1595)の2つを合わせて購入する方法が人気です。

これには理由があって、上記3つのETFはそれぞれ年4回分配金が出るのですが、発生月が異なっています。つまり、3つを購入すると1年を通して毎月分配金が発生するのです。

私は年内にもう一度大きな下げがあると予想しています。その時に残り2つのETFも購入して、擬似的な家賃生活(毎月分配金)完成したいと思っています。(ただし、東京オリンピック開催までの話です。)

kaoruでした。

【追記】
私はスポット投資で、カブドットコム証券のフリーETFを利用しています!
【カブドットコム証券の魅力はコレ⇒業界トップ水準の商品がズラリ



市場が大きく下げた時は、SPDR S&P500 ETF(米国株全体)とMAXIS トピックス上場投信(日本株全体)、MAXIS Jリート上場投信(不動産)を購入しています。

【高配当銘柄、kaoruの注目は?⇒優先株式ETFの強さに注目!

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |