kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


★米雇用統計 kaoruの感想★:サイト更新
6月の米雇用統計が発表。強い結果で今後に安心感!

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

以前に何度か紹介していますが、私が購入している海外ETFにiシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)があります。

この銘柄はとにかく配当(分配金)利回りが5%以上でありながら、価格が下がらないので私の中では“超・超・超~高金利” の準預金みたいな位置づけです。

そして、英国のEU離脱が投票で決定した時は、『安く買うチャンスかも?』と数百万の指値を入れてワクワクしていたのですが・・

結果は離脱前(6月23日)が約39.75ドルで、マーケットが最も大荒れになった離脱直後(6月27日)は約39.25ドル、そして翌日には値を戻しています。

・・・1%しか下がりませんでした。不透明相場には強い事は何度も書いてきましたが、ここまで強いと憎たらしいですね(笑) 

全く指値に届きませんでした。やはり、このETFは大幅下落を待つよりも10万程度をコツコツ購入する方法がメインとなりそうです。

このETFは英国のゴタゴタや米利上げのペース鈍化が予想される中で、安定性を求める投資家から注目が高まっていますね。こういった投資家は基本的に長期保有目的で買うので、今後は更に安定感が高まっていきそうです。

また、それ以外にも高配当株が物色される傾向も顕著です!私はバンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)を保有していましたが、雇用統計で利益確定の指値に到達していました。

魅力的なETFと感じており再度購入を行う予定です。ただ、こちらのETFは市場が乱れた時に瞬間的に下がる可能性があるので、慌てずに安値で拾えるチャンスを待とうと思います。

ちなみに、このETFは私の指値を別サイトで公開しています。
【参考】人気の海外ETF 今月の指値価格

個人的には、今回書いた2つのETFは数年間にわたって安定運用の商品として注目しています。個別銘柄や他のETFよりも安心感が強いので、投資金額も大きい金額(100万単位)で臨むつもりです。

参考までに、私のように指値をいれて安値を待つタイプはマネックス証券がオススメ。指値期間が最長3ヶ月まで設定できるので、ジックリ待つ長期戦略にピッタリだと思います。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、手数料が安いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【米国株で圧倒的な存在感!】
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値などの機能が充実しており、国内投資に近い感覚で取引ができます。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍です。
マネックス証券_米国株

【積立FXの記事が好評です!⇒このFXは、ちょっと感激です。

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |