kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで一攫千金!?

期待の自動運転銘柄“ZMP”の上場が決定(11月14日発表)。★ZMPとは⇒コチラ
主幹事はSMBC日興証券 です。

IPO紹介バナー

口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


【注目投資:JR九州のIPO】
ニュースやCMで話題のJR九州のIPOについてまとめました。
JR九州のIPOを徹底分析!(注目点、不安は?、おすすめ証券)
今回のような政府保有株を放出するIPOは、過去のデータでは90%以上が公募価格を上回る結果となっています。

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私の米国株は基本的に長期投資です。高配当銘柄を安値で拾ってジックリ運用するのが資産運用に向いていると思っています。

中小型株のスポット投資で大きな利益を狙っている人もいると思いますが、大型株で構成されるS&P500指数は、直近5年の年利は約15%で5年に2倍になるペースです。

こういった事を考えると、情報が少ない中小型株に初心者は無理に手を出す必要は無いと思います。

しかし、スポット投資でお小遣い稼ぎもしたくなるのが普通の心理かもしれません。今回は番外編で私が米国投資で注目するスポット投資について書きます。

結論を先に述べると、“Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF”が面白いと思っています。単純に言うとS&P500指数の3倍の値動きをする銘柄です。

【参考】Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETFの概要

3倍の値動きをするという事は、上昇時には大幅利益が期待できますが、下落すれば大損失を被る事になります(初心者向きではありません)。

「どうして、こんなリスクが高いETFを?」と感じる人も多いと思いますが、米国株の過去100年のパフォーマンスを思い出してください。そうです、トレンドはズーット右肩上がりで、最高値を更新してきています。

国内投資でも、NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 <1570>が流行りましたが、こういった商品は下値に不安が大きい日本市場よりも、底堅い米国市場の方が相性が良いと考えています。

リスクが大きいことは間違いありませんが、個人的には日経レバのような怖さは感じていません。

このETFのトータルリターン(5年)は年率で約40%です。これは5年前に100万を投資した人が、現在500万程度になっているという事になるので驚愕のパフォーマンスです。

私が投資するタイミングとしては、市場が暴落して反転したのを確認してからです。下げ止まってからというのがポイントで下落中は絶対に手を出しません。

このETFは下がる時も強烈なので、上昇を確認できてからの投資が良いと思っています。ワンテンポ投資が遅れても3倍のリターンなので焦る必要はありません。

また、配当が無く値上がり益だけを追求する商品なので、30%くらい上昇したらスパッと利益確定してしまった方が無難かな?下落時に買って元の水準に戻ったら売却というのが私の鉄板手法です。

数字上の長期リターンは凄いですが、コストが高く値動きも激しいので、長期投資ではオススメできないタイプのETFです。個人的にはスポット投資の“切り札”的な存在だと思います。

前回の米国株記事でも書きましたが、9月・10月は大きな変動(急落?)が起こりやすい時期です。今回のETFを仕掛ける場面も出てきそうな気がしています。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。
【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
【米国株で圧倒的な存在感!】
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●取引可能な銘柄数は、他社証券の約3倍。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。
マネックス証券_米国株

【海外ETFは魅力的です!?⇒海外ETF 注目の15銘柄


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

 | ホーム |