FC2ブログ

楽天証券が凄い!

取扱い投信のほぼ全てが、楽天スーパーポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説

はじめての米国株!?

米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較

MENU


IPOで強い証券は?


リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近はプラチナの人気が凄いですね。プラチナ地銀の販売会社では前年比2~3倍はあたりまえ、月によっては10倍の時もあるとか?

これは、プラチナ価格が金よりも下まわっているので、将来の値上がりを期待での買いが大半を占めいています。

プラチナの生産は金の20分の1しか無いのに、価格は金よりも安いのですからこの気持ちはとても分かります。実際に私自身も同じ理由でプラチナを買ったことがあります(失敗で終了・・苦笑)

しかし、今では純金積立を行っているだけで、プラチナ投資の予定はありません。確かに価格面では魅力ですが、予想通りに大きな上昇があるかは不透明だと思っています。

プラチナへの投資目的で買いが殺到している事実はありますが、全体需要で考えると投資目的の売買は5%未満の話です。プラチナで重要なのは自動車触媒(主にディーゼル車)としての動向です。

ディーゼル車に対してはフォルクスワーゲンの不正問題で大きなブレーキがかかっています。自動車関連はプラチナ需要の4割以上を占める重要な位置づけですので、電気自動車の拡販や安価な触媒研究が進んでいけば大きな打撃になる点は注意です。

金と比較して希少性に焦点を充てれば割安ですが、最終的に価格は需要が決めるという原則は頭に入れておきたいところです。上がる要素は大きいのですが博打的な要素が漂っているのがプラチナの現状かもしれません?

個人的には資産運用と考えたときには金の方が向いていると考えています。株価に不透明感があれば注目されますし、ドル安になると代替資産として買われるケースも多いので、株式投資と相性も良いと思っています。

それに、各国の中央銀行が購入しているという点は、金の大きな魅力です(世界の共通通貨?)。やはり守りの資産としての魅力は非常に高いですね。

あまり考えたくないですが、将来的に金融危機のような事が起きれば価格が2倍くらいに上昇しても不思議は無いと考えています。不安が増せば増すほど輝きを増すのが金なのかもしれませんね?

私は資産の5%を金にする事を目標にして純金積立を継続しており、今年も積立額を増額しました。保有するだけで資産が守られている気持ちになるのは実物資産の特徴かもしれません。

kaoruでした。

【追記】 
私は安心資産としてマネックス・ゴールドで純金積立を実施しています!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。
(市場不透明感が高まると注目されるので、分散投資にも役立っています)

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!
●積立した金が一定量を超えれば、現物ゴールドに変更が可能。
●シルバー(銀)やプラチナ(白金)も取り扱っています。
●金投資のレポートなど、サポート情報が充実。


★今年、増額したのは金と積立FX⇒積立FXを倍増

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年から積立FXをはじめていますが、毎月の積立額を2倍、レバレッジは3倍に変更しました。

【参考】このFXは、ちょっと感激です!

理由は簡単で、国内はマイナス金利導入で銀行預金は軒並み低下。個人向け国債・変動10年も最低利率の0.05%になってしまい、国内の元本保証商品は事実上の目減りと言っても良いレベル?(インフレ・増税分はカバーできない)

そこで、今まで個人向け国債に振り分けていた金額の一部を積立FXに回すことにしました。

現在は円高ですが、中長期的には円安方向に戻ると思っています。
短期的には110円くらいまで突っ込む可能性もありますが、長期でみれば130円くらいと想定しています。

基本的に米国はユックリですが利上げ方向!円との金利差が拡大していけば、自然とドル買いへと戻っていくと予想しています?

積立FXは毎日買い付け(毎日積立)のドルコスト法ですので、仮にズルズル円高になっても被害は小さいですし、下がり続けても、その後にちょっと円安に振れるだけでプラスが狙えるので怖さは感じていません。

過去も同じパターンで積立を継続した結果、最終的に数百万の利益となりましたから、今回も同様の手法を行うだけです。

また、中長期で行うと金利(スワップ)についても魅力的です。仮に米ドルが金利(スワップ)0.5%だとしても、レバレッジ3倍で行えば1.5%になるのでこちらも資産UPに貢献してくれると考えています。

売却も簡単に出来るのも良い点だと思います。為替の影響があるので元本保証ではありませんが、上記の理由により年単位で行えば期待が高い投資だと考えています。 

今年の円高については想定通りというところもあるので、しばらくは強気で積立てを行って、円安になるにしたがい掛け金(またはレバレッジ)を小さくしていこうと思います。

基本的には半年~1年に1回くらい掛け金を微調節すれば、リスクを抑えながら充分なリターンが狙えるかな?と想像しています。

でも、結局は全然チェックしないで数年経過しちゃうかも・・?まぁ、グウタラ癖が出てもドルコストなんで良い結果は期待しています(笑)

マイナス金利の発表でお金のやり場に困っていましたが、これで私の方針は決定。積立額は既に増やしたので、しばらくはログインする必要はなさそうです。

kaoruでした。

【追記】
『積立FX』はSBI FXトレードオリジナルサービス。

●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。
SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

先週の日銀発表により、ちょっと相場の雰囲気が変わりましたね。日本株に関して期待したいのはやっぱりひふみ投信です。

ひふみ投信は日本株を中心とする運用で、設定8年目で基準価格が約2.5~3倍になりました。コスト重視のインデックス投資家も、この投信だけはコストを気にせずに購入する人が多いですね。

【参考】ひふみ投信 プロの手腕が光る日本株式ファンド

設定時から年率リターンをTOPIX(日本株全体)と比べると、2.5倍くらい強いですから、TOPIXインデックスに投資した人よりも“ひふみ投信”を選択した人の方が資産が膨らんでいる事になります。

もっとも、今後を考える上では、過去なんてどうでも良い話ですね。重要なのは、この快進撃が続くかという事です。

これは結果を見ないと分からない事ですが、私自身はひふみ投信の方がTOPIXよりも強い結果が続くと思っています。ザックリ言うと以下2つかな?

1.ひふみ投信は、基本的に1株あたり利益が年10%成長の銘柄をターゲットとしていて、裏づけとなる企業訪問の調査も徹底しています。(上昇期待?)

2.昨今の日本株は海外や為替の影響で、株価が大きな上下を繰り返していますが、ひふみ投信が選定する銘柄は中小型株が多いので、比較的海外の影響を受けずらいものが多いです。


この1.2.を実行した結果が、TOPIX(日本株)よりも値動きが小さいのに、リターンは大きいという凄い結果に繋がっているわけです。

私は、日本経済には悲観的ですから投資には消極的と以前から書いてきました。しかし同時に、個別企業で見れば期待値が高い銘柄も多いので、それが選定できるならば面白いと付け加えています。

そういう意味では、ひふみ投信は私の希望に沿った投資信託と言えます。今まで同様に2016年もこの投信への積立は変わる事がありません。

ちなみに、ひふみ投信の1銘柄の保有期間は3年くらいが平均ですので、数ヶ月や1年というスパンで成果は求めていません。中長期で保有(積立)を行ったほうが、この投信のメリットを得やすいと思います。

kaoruでした。

国内投資に関しては、基本的に銘柄選択に定評がある「ひふみ投信」の購入だけに絞っています。運用メンバーが一流揃いですので、自分で運用よりも好成績が期待できると判断しました。

ひふみ投信
日本株投信の雄!過去を見ると機動力が高く、チャンスにもピンチにも強い稀有な存在?TOPIXを上回る成績で運用手腕が光る。
プロという言葉が似合う投信だと思います。
ひふみ投信

★投資信託の証券会社ランキングをリニューアルしました。
投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年から外貨投資は、外貨MMFから積立FX(長期運用向けの積立型FX)に変更した事を以前にブログで書きました。そして、新年相場からいきなりの大活躍をしてくれています。

【参考】このFXは、ちょっと感激です!

私が外貨MMFから積立FXに変更した理由には、手数料が安い点が大きいのですが、それ以外にも重要な点があります。

それは、毎日少しずつ自動購入の設定ができる点です。一般的に積立商品は月に1回購入が基本ですが、この商品は全営業日にわたって細かく購入できるのでワンランク上のドルコスト平均法と言ってもいいかな?

長く続けていけば、それほど気にする必要は無いのですが、積立をしていて「先週が積立日だったら安く買えたのに・・」なんて、小さなストレスを感じる事ってありますよね。

それが、積立FXでは感じません。年初からの急激な円高でが続いていますが、ホッタラカシにしているだけで毎日シッカリ購入が出来ています。これは長期視点の私には嬉しい事です。

最近の為替は1日で数円の円高という事も珍しくありません。円安はジリジリだけど円高は瞬間的に起きることも多いので、全営業日購入の方が仕込みチャンスを逸する可能性は低いと思っています。

もっとも、先ほども書いたように長期になればなるほど、月1回でも毎日でもそれほど差は無いと思います。ただし、ストレスが小さいほど長期投資には向いていると私は考えていますので、毎日購入の方が継続性は期待できます。

年初から円高で悩んでしまった人もいると思いますが、この方法だと「今日もいい仕込買いができた!」といった心理になるかもしれません。

私は先月のブログで利上げ後は円高の可能性があると書きましたね。また、同時に長期的には円安トレンドが継続と考えている事も書きました。

この考えについては、現在も全く変わっていません。
中長期視点で捉えていけば投資はとても簡単だと思っています。

為替の動きは、株よりも予想がたてずらいので(特に短期は難しい)、ビックリさせられる事も多いのですが、積立FXを行っている人は、ほとんど気にならない話かもしれませんね。

kaoruでした。

【追記】
『積立FX』はSBI FXトレードオリジナルサービス。

●積立型のFXで、従来の外貨積立商品と比較してコストが安い。
●購入単位は週単位・日単位でも選択可能でドルコスト平均法として魅力。
●外貨預金に類似したサービスで長期運用者を対象にした新サービス。
SBI FXトレード

★外貨投資のランキングもリニューアルしました。
外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

来年の予定を立てる関係もあって、今年1年の資産状況を確認中。年末か年始には報告ができると思います。

例年はもう少し余裕があるのですが、今年はFOMC(米利上げ)があったので、仕事が多すぎてパニック状態。(それを言い訳に、引き伸ばしています)

さて、今期は資産が大きく伸びる事は間違いないのですが、唯一マイナスな商品があります。それが純金積立です(たぶん▲10%くらい?)

もっとも、利上げ前のその後の1年(計2年)は低迷期と考えていたので、順調とも言えます。ただし▲10%は私の予想よりも大きな下げです。

個人的にはチャンスと考えており、来年については積立額を大幅に増額していく予定です。(来年の1年を積立額のピークにして、再来年からは減らす?)

中長期投資では安値で買っておくのは定石ですから、来年の1年は強気で攻めて行きます。もっとも強気になれるのは、金投資だからですけどね。

長期で各国の将来性を見ていくと、多少なりとも不安点というものが出てくるのですが、“金”に関しては10年後も20年後も“金”という事実しか思い浮かびません。

やはり、安心という点では一歩抜きん出た存在のような気がします。“信用リスクが無い無国籍通貨”なんて言われるくらいですから、資産の5%はキープ方針。

金は守りの資産なので、本来は値上がり益を求めるものでは無いのですが、今の低水準がズット続くのも考えづらいですね?

個人的には数年後にはプラスリターンになっていると予想していますので、攻めの要素も少し意識して強気な積立額にするつもりです。

kaoruでした。

【追記】 
私は安心資産としてマネックス・ゴールドで純金積立を実施しています!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。
(市場不透明感が高まると注目されるので、分散投資にも役立っています)

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!
●積立した金が一定量を超えれば、現物ゴールドに変更が可能。
●シルバー(銀)やプラチナ(白金)も取り扱っています。
●金投資のレポートなど、サポート情報が充実。


★守りの投資としてコチラも毎月購入中⇒個人向け国債(変動10年)

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今年、大きな利益をもたらしてくれた投資に外貨MMFがあります。

来年から為替差益(値上がり益)の非課税優遇がなくなるので、6月に売却したところ300万の利益が出ました・・・途中の含み損も気にしないで長期視点で継続してきたのが良かったのだと思います。

基本的に、外貨MMFで利益が出ている人は、年内で利益確定をしておいた方が良いと思います。来年の売却だと利益から約20%の税金が差し引かれちゃいますから!

過去を振り返ると、やっぱり短期的な情報に振り回されないでコツコツが成果を生んでいますね!私が外貨MMFに最も積極的になったのは、『ドル円は、この先に50円になるのでは?』と言われた頃です。

『ドル円が50円へ?』という話を否定する気はありません。あの時は実際にそういった雰囲気がありましたからね!ただ、私は毎回しつこく書いていますが、ニュースや新聞、書籍は短期投資についての情報が主になります。

『ドル円が50円へ?』と言われた時だって、10年単位の長期展望では円安が主流だったような気がします。この点を冷静に見ていた人は大喜びでドルを買ったわけです。

個人的には長期視点で円安という考えに変わりは無いので今後も外貨MMFの積立を継続してきます。

ただし、来年に関しては円高方向に振れる可能性を考えています。その場合は仕込みチャンス到来という認識で、積立額を増額する予定です。

過去3年間の急激とも言えるドル高・円安は、米利上げの瞬間を目指して進んできたとも言えます。

そして、12月中旬にFOMCで米利上げが決定した場合は目標達成による材料出尽くで、流れが反転する可能性があります。(過去にシバシバ見られた現象)

また、現在の為替は米利上げが順調に進むというシナリオが元になっていると思われるので、利上げペースが市場予想よりもユックリの場合は、やはり円高に振れる可能性があります。

もっとも私の長期視点ではドル高・円安のシナリオに変化が無いのですから、利上げ後の為替変動がどうであろうと外貨MMFの積立を行う事に変更はありません!私は長期的には135円くらいをターゲットにしてますから。

kaoruでした。

【追記】
私はカブドットコム証券で外貨MMF(米ドル)を毎月積立をしています。
外貨預金よりメリットが多く、外貨初心者の人でも安心して始められます。
カブドットコム証券、ここが魅力です!


カブドットコム証券
外貨MMFでは、好利回り・低手数料・取扱い通貨で他社を圧倒!
【特徴】手数料無料のフリーETFでも人気の証券会社です。

 

【これは業界の常識です⇒米国株は日本株より簡単って知ってますか?

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

あっという間に売り切れてしまうソフトバンク社債ですが、今回はSBI証券の発売から1時間くらい経過してから申し込んでもアッサリ購入できました。(11月27日)

第48回ソフトバンク社債 利率は今回も2%超え?概要と投資スタンス!

金利は2%を超えていますが、7年という長さが敬遠材料になったかな?
個人的には7年程度なら問題ないと思っており、途中売却という選択枝もあるので、かなり気楽に購入。

購入費用は8月からの米国株投資で得た700万です。ただし、含み益も合わせての話なので早急に利益確定を行ないます。

確定している利益だけで購入した方がスッキリしますが、過去のデータでは米国の感謝祭から年末(今からの1ヶ月間)というのは日米とも株価が上昇する傾向があるので、少しだけ利益確定を先伸ばしにしているのが現状です。

【参考】米国株の初心者用に基本事項をまとめました。

ソフトバンク社債に関しては、満期まで保有すれば、約83万(税引き後)のリターンですので、債券投資としては充分です。

そういえば、700万は昨年の資産増加額と同じですね。今季は昨年の半分くらいと思ってましたが、8月末からのラッキー相場のおかげで、予想外に大きく資産を伸ばせそうです。

ちなみに、今期の株価変動を見ていると、来年もどこかでラッキー相場がありそうな気がしています。チャンスにシッカリ投資できるように、現金は用意しておきたいと思います。

取りあえず、積立投資と高配当株は除いた部分は早めに現金にする予定です。
現金は、流動性が良い普通預金と個人向け国債(変動10年)を活用するいつものパターンになります。

今回は投資で得た利益を、そのまま高金利の債券の購入に充てる流れになりました。今後も魅力的な社債(ソフトバンク社債、SBI債、マネックス債など)があれば、積極的に購入していくつもりです。

kaoruでした。

【追記】
私はSBI証券で個人向け国債(変動10年)を購入しています。
ほぼ毎月、国債キャンペーンを行っている貴重な会社。
(基本的に50万の購入で、1000円キャッシュバック)
人気社債のSBI債を狙っている人は、必須口座となります。

SBI証券
●低コスト&豊富な品揃、個人投資家から支持率NO.1。
●投資信託の品揃えとポイントサービスの優位性に魅力があります。
●好金利のSBI債など、他社では購入できない商品も多数。
SBI証券

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は現金などの安全資産については、銀行預金よりも個人向け国債(変動10年)を選択しています。

以前は毎月一定額の購入に加え、余剰金があれば個人向け国債を買う事を徹底したので数千万の保有になっていましたが・・・
8月からの株安に投資するために、大半を途中解約しており残高が10分の1以下まで減りました。

この記事⇒個人向け国債の魅力が爆発

株式投資は幸いにも順調なので今回の判断には満足していますが、その副作用として、資産の90%程度が株式や投資信託という異常な状態となっています。

今後も株価上昇を期待しているので保有を継続したい気持ちはありますが、極端に偏りすぎているので、一部の株式等を売却して現金比率を年末までに40%くらいまで引き上げる事にしました。

売却して得えられた現金は、2年くらいかけて個人向け国債(変動10年)に振り分ける予定です。

【参考】個人向け国債(変動10年)は、こんな商品

国債のキャッシュバックキャンペーンの利用を考えると、まとまった金額で一括購入した方が得なのですが、来年も投資チャンスがあると思っているので、1年が経過するまでは普通預金との併用を考えています。

購入に関しては、50万の購入で1,000円キャッシュバックのキャンペーンがほぼ毎月実施されているSBI証券を利用します。

個人向け国債(変動10年)の11月金利は0.21%ですね。銀行預金よりは魅力的ですが低金利なのは間違いありません。

ただ、米利上げが年内に実施される可能性が高まっていますね。そうなれば日本の金利も連動するように上昇していくのが過去のパターン。

それを考えると、半年毎に実勢金利に応じて金利が変更される個人向け国債(変動10年)は、とても優位性が高い商品だと思います。

もともと、長い定期預金ならば個人向け国債(変動10年)の方が良いと言われていましたが、今後はそれがハッキリとした差になって現れてくるかもしれません。

こちらも検討中!⇒第48回ソフトバンク社債 利率は今回も2%超え?

kaoruでした。

【追記】
私はSBI証券で個人向け国債(変動10年)を購入しています。
ほぼ毎月、国債キャンペーンを行っている貴重な会社。
(基本的に50万の購入で、1000円キャッシュバック)
SBI証券は投資信託の優位性も高いので、オススメです。(SBI証券の魅力)

SBI証券
●低コスト&豊富な品揃、個人投資家から支持率NO.1。
●投資信託の品揃えが圧倒的でオススメです。
●好金利のSBI債など、他社では購入できない商品も多数。
●個人向け国債キャンペーンを、ほぼ毎月実施!
SBI証券

【私の投資方針⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

今期は投資が好調で過去最高を更新する勢いです。ただし、100%成功ではなく大失敗している投資もあります。それがプラチナです(私の失敗談)

現状のプラチナ価格は、ゴールド(金)を下回る状態となっています。
金と比べて生産量が20分の1しかなく生産コストが高いという点を考えれば、異常とも言える状態です。

ただし、プラチナの需要は工業用(自動車など)が大半ですので金とは全く違う物と考えた方がいいかもしれません。

さて、プラチナと金の価格に逆転現象が起きた時を調べると、リーマンショックや金融危機といった時になります。プラチナ価格が低迷するのは経済不安が強いときといった感じかな?

価格逆転が10ヶ月程度も続いている事を考えると、投資家心理の中に世界経済への不安がズーット燻ぶったままの状態なのかもしれませんね。

そこにきて、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題が発生。ディーゼル車の触媒に使用されるプラチナは大打撃ですので、価格低迷から抜け出すには時間がかかりそうです。

私は金とプラチナの逆転現象が起きた時に、安値付近でプラチナを買えたと喜んでいたのですが、現状はマイナスに沈んでいます。上値への抵抗が想像以上に強く完全に読み違いでした。

今回はプラチナがあまりに安いので、「これで儲かるかも?」と卑しい気持ちで購入したのが失敗の原因。私が失敗する時は、「儲けよう!」という気持ちが強すぎるときです。

最近は落ち着いていると思っていたのですが、いまだに時々「儲けたい病」が発生(笑)「いったい、どこまで欲深いのだろう?」と恥ずかしくなりますね。

もともと、鉱物に関しては実物資産や信用力に魅力を感じて投資を開始しました。その趣旨から考えると、金(ゴールド)だけで充分ですね。

ちなみに、金については信用力の高さから、中国は外貨準備として金の購入を続けていますね。ロシアなんかは中国以上に積極的です。

極論を言えば“世界の通貨”みたいなものですから、イザという時の備えとしては最強系かもしれません?米利上げ前後は魅力的な水準になることが多いので、純金積立の増額を行いました。 

kaoruでした。

【追記】 
私は安心資産としてマネックス・ゴールドで純金積立を実施しています!
金は不滅の絶対資産と考えており、資産の5%程度を目標にしています。
(市場不透明感が高まると注目されるので、分散投資にも役立っています)

マネックス・ゴールド(マネックス証券)
●1,000円という小額から購入可能です!
●積立した金が一定量を超えれば、現物ゴールドに変更が可能。
●シルバー(銀)やプラチナ(白金)も取り扱っています。
●金投資のレポートなど、サポート情報が充実。


【kaoruの資産運用方法はコチラです⇒2015年 運用・投資方針

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

私は約2ヶ月にわたって、日本株全体に連動する「MAXISトピックス上場投信」を購入してきました。

毎日購入で感じたのですが、やっぱり小分け買いをすると不安定な市場でも気楽ですね。ハッキリ記憶してませんが、最大に含み損が出たときでも3%くらいだった?と思います。(現在は含み益が7%くらい)

さて、この銘柄はカブドットコム証券フリーETFの採用銘柄の為、売買手数料が無料になることは、頻繁に書いていますね。

そして、年間コストとしてかかる信託報酬も0.078%で最安値水準のため、国内インデックスへの投資としてはコストが最安水準になります。

しかし、更に凄い事実が・・・、何とカブトットコ証券の「貸株銘柄」にも採用されています。

「貸株」は保有している株式を、証券会社に貸すことで、それに対する金利を貰えるシステム。長期投資派の人は何もしてないのに金利が付くので愛好者も多いと思います。

「MAXISトピックス上場投信」の11月の貸し株金利は0.1%です。 これは信託報酬よりも高い数字ですので非常にお得です。(カブコムは、貸株金利が0.1~最大20%で業界最高レベルです)

つまり、「MAXISトピックス上場投信」に関しては、フリーETFで売買手数料が無料!それに加えて信託報酬は「貸株」を利用で実質無料(正確には返金マイナス)。・・・カブコムさん大丈夫?

ちなみに「貸株」については、その月によって銘柄や金利に違いがあるので、ズーット約束されているわけではありません。フリーETFで「SPDR S&P500 ETF」も同様に購入していますが、こちらは「貸株」には採用されていません。

「貸株」は、保有株に金利がつくうえに、売却もいつでも可能です。長期保有者は勿論ですが、塩漬けで売却意識がないならば、こういったシステムを利用するのは良いと思います。(本当は損切りのほうが良いのですが・・)

カブドットコム証券のフリーETFは他社が追随不可能?な最高レベル商品、そして貸株も魅力的な水準。個人的には実力どおりに評価されていない会社の一だと思います。

【参考】カブドットコム証券の魅力←他にも魅力がたくさん

kaoruでした。

【追記】
カブドットコム証券は私のお気に入り証券。
その理由の一つに今回紹介した“フリーETF”(手数料無料)の存在があります。
投資家に有利な条件となっているので、本来であればもっと!もっと!注目されるべき商品だと思っています。

【業界唯一!手数料無料のフリーETF】はカブドットコム証券だけ!


【海外ETFも凄い! 配当利回りを最新版に更新】
●大人気の海外ETF⇒バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»