FC2ブログ
2017-09-30(Sat)

海外ETFに投資するヤバイ本音!

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

海外ETFは、種類の豊富さとバンガードをはじめとする低コスト商品が魅力ですよね!上手に利用することで投資の幅がグッと広がるので注目です!

・・・と言うのは、表向きの理由? 

私の本音はこんな堅苦しいものではありません。
ズバリ言えば《儲かる可能性が高い!》 これ以外にありません(笑)

ちなみに、米国ETFの種類は2000本を超えていて選択肢が豊富といいますが、実際にネット証券で購入できる米国ETFは250本程度しかありません。

国内上場ETF・ETNも230本程度はあるので大きな差はありません。違うのは内容です!


国内上場のETFを見てみると、当然ですが日本株ETFが中心、それに対して海外ETFは米国株が中心になります。ここまで書けば理由は分かりますね?

日米市場の過去10年(2017年7月31日迄)年率リターン
× 日本 日経平均:約3%、TPOIX:約1.4%
 米国 NYダウ:約7.8% S&P500:7.7%


具体的には、米国市場で10年前に1万円を投資すれば1万円以上のプラスです。日本なら1500円~3500円くらいですから、利益で最大5倍程度の差があります。

 「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果

米国株が中心の海外ETFの方が期待できる銘柄が多いのは当然の話です。


そして、私は欲張りなので米国の平均値(S&P500)よりも更に良いリターンが欲しくなってしまいます。こんな時こそ海外ETFは面白味満点!

情報技術セクターや米国の大型株、中型株、成長株、配当&成長株・・選択肢は非常に多く、変わったものでは有名投資家が投資している株を集めたものなどもあります。

 海外ETF 注目の15銘柄(kaoruが厳選)

つまり、指数に連動ですが感覚的にはアクティブ投資に近い選択が可能。これは、投資好きの私には嬉しい事です。


また、ETFは透明性が高いので投資銘柄もハッキリわかりますし、過去のデータからS&P500やNYダウよりも期待できそうなETFを探すのも容易です。

コスト(経費率)が安い点も魅力ですが、これは私にとって1番ではありません。コストが安くてもリターンが小さければ資産が増えません。

投資に関しては、「〇〇は低コストで良い」「ベンチマークと比較して・・」といった話になりがちですが、投資に期待するのは「資産を増やしたい」「儲けたい・・」といった単純な事が多いと思います。


今回の記事は、儲けたいと思ったら「海外ETF」に行きついたという簡単な話です。でも、この当たり前の事が非常に重要だと考えています。

【参考】ゼロETFならば、少額投資でも手数料は気にせず売買が可能です。
 ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料


kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
長期的なドル高の予想は変わっていないので外貨仕込みもシッカリ行っています。

円高で積立FXを積み増し積立FX 口座開設のメリットをFPが解説


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2017-09-26(Tue)

日本人の投資動向は世界最低水準

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

世界最大の資産運用会社であるブロックロックの2017年投資家動向調査が話題になっています。

これは、世界18カ国/地域約2万8,000人を対象に行われた投資家動向調査なのですが、日本人の消極姿勢が目立つ結果となりました。


この調査によると、日本人の約6割が「過去1年以内に預貯金を投資に回すことを検討した」と回答しています。
この数字は投資の本場である米国よりも高いのですが・・・

では、実際の行動はどうだったかと言うと、現金(預貯金)比率は75%で、前回調査の69%から増えています。マイナス金利という状況を考えると、コメントが難しいですね。

つまり、「投資は検討」だけで終わっていて、実際には預金重視の人が多い事が予想できます。


また、日本人は老後不安を抱えている人は多いのですが、退職後に向けていくら貯める必要が理解している人の割合は30%です。アジア平均は55%を大きく下回っています。

この状況ですから、「退職後に必要な資金が確保できる自信がある」の質問にはイエス回答は僅か16%・・アジア平均の53%と比べれば、その差は一目瞭然です。

日本人の老後不安が消えない理由が、このアンケートを見ていると何となく分かりますね。


さて、今回は敢えて題名には「日本人の投資動向は世界最低水準」と書きました。そして、日本人の資産運用意識が低い事を強調する文章を並べています。

どうして、こんな書き方をしたかというと、「周りがしてないから、まだいいや・・」という感覚を捨てて欲しいからです。

日本人の中流意識は決して悪いとは思いません。しかし、資産運用に関しては普通よりも意識を高くもたないと、世界平均の遥か下になってしまう可能性があります?

もっとも、知識が無いのに難しい投資をする必要は無いと思います。例えばiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入して自分年金を構築するだけでも、非常に有効です。

《iDeCo》個人型確定拠出年金のメリット・デメリットをFPが解説


私は日本人の金融知識が世界標準以下とは全く思っていません。米国にだって負けないと考えています。何が違うといえば行動力です。

「石橋を叩いて渡る」という安全思考は悪い事ではありません。投資ではプラスになる事も多いと思います。
勿体ないのは、「石橋を叩いて渡らない」という人が多い点です。

kaoruでした。

★現金プレゼント・キャンペーン ※2017年9月30日迄
(kaoru限定キャンペーン!今月末が締切)

岡三オンライン証券 現金5,000円プレゼント 
条件:口座開設+5万円以上の入金 (取引不要でノーリスク)
※投資情報が非常に魅力的ですので、投資の初心者は注目。

ライブスター証券 現金2,000円プレゼント 
条件:口座開設+取引1回 (更に2ヶ月売買手数料無料)

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
2017-09-23(Sat)

新興国!儲けている人の投資方法

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は新興国株が好調というニュースを度々耳にしますね。実際に年初来からのリターンは米国株よりも強い結果になっています。

しかし、地域別の長期リターンでは最低レベルですので、ちょっと慎重に考える必要があります。

新興国投資ではインデックスファンドの積立や海外ETFのバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)が人気なのですが、実際に利益を出している人は国を絞っているパターンが主流。

6月にインドについて書いた際に、非常に反響が大きかったので、続編として国別の特徴や投資方法について考えてみました。

【参考】インドは新興国投資では最有力候補!


先ず、新興国全体で見るとインドの優位性が目立ちますね。

新興国の経済成長率は今年よりも来年は鈍化する国がほとんどの見込みですが、インドは7%を超える高い成長が予想されています。

2016年に高額紙幣を廃止したことをキッカケに電子マネーやクレジットカードが急激に広がっています。今まさに電子革命が進行中。

また、モディ政権が安定しているので政治リスクが小さいのは非常に魅力的。「新興国全体に分散するよりも、インドだけに絞った方が良い」という意見が多いのも納得です。

中長期戦略のインド投資で人気が高いのは、ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)です。


次に、ダークホース的な存在としてはインドネシアです。2050年のGDP予測では日本よりも上位にあります。

世界経済が混乱した時などに先進国マネーが一気に引き上げられることが多いので、そういった時に上手に仕込めば、短期間で大きなリターンも期待できるかも?

また、ほとんど話題になっていませんが今年の5月に格付け会社S&Pが投資適格級に引き上げられています。中長期的でも面白いかも?

インドネシアへの投資ではiシェアーズ MSCI インドネシアETF(EIDO)が有名です。


あと、ロシア投資は油動向と相関性が強いので、「原油価格が大きく下がった時に買って、原油価格が上昇したら売却」というのがオーソドックスな投資方法です。

私自身はこの方法で、良い思いをした経験があります。ロシア投資で人気が高いのはヴァンエック ベクトル ベトナムETF(VNM)です。


新興国投資では全体に長期で投資をする方法が人気ですが、過去のデータを見る限りは疑問があります。また、先進国の影響が大きい国も多いので、分散投資の効果もハッキリしません。

ただし、短期売買や国別投資では大きなリターンを出している投資家がいるのも事実です。

今回は私自身の成功体験や専門家から聞いた事、利益を出している投資家の話を総合的に判断して書きました。投資のヒントになる部分があれば参考にしてください。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
実質手数料が無料になる「ゼロETF」は注目!
数万円(数千円)の売買でも手数料を気にしなくて良いので便利です。

米国投資の選択肢が大きく広がるので、マネックス証券の口座を持っている人は積極的に活用した方が良いと思います。

ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

2017-09-16(Sat)

投資下手と初心者は米国株が良い

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国株に関しては興味を持っている人は増えていますが、実際に取引をしている人は日本株と比べると少数派。

「敷居が高い」イメージですが、実際には正反対です。
商品内容を考えれば、“投資経験が浅い人ほど日本株よりも米国株に注目すべき”だと思います。

今回は「米国株が投資初心者や投資下手にオススメの理由」について書いていきます。ちなみに、日本株で500万以上の大損経験を持つ私は、投資下手の代表です(笑)


米国株を勧める第1の理由は、投資をしている人の大部分が儲かっている点です。

米国株の過去データを見れば、100年以上も右肩上がりです。シンプルに考えて、知識が浅い人ほど強い市場(米国)を選択した方が良いのは当たり前ですね。

【詳細】「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果


第2の理由は、大型優良企業の高配当銘柄が多い点です。

配当を重視した安定投資を目指す人は多いと思います。米国では高配当銘柄や連続増配銘柄がゴロゴロしています。長期的な安定リターンを狙う戦略であれば、細かい値動きは気にする必要はありません。

【詳細】米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある


第3の理由は、長期投資のアドバンテージが大きい点です。

米国は人口が今後も継続的に増えていくと予想されています(先進国では超異例)。GDPの7割を個人消費が占めているので強烈なアドバンテージです。

【詳細】米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的


私は過去に米国投資で1500万以上の利益を得ましたが、実力の部分は200万程度です。大部分は「米国市場の強さに引っ張られて、利益が出てしまった」というのが事実。

日本株よりも米国株の方が投資初心者に合っているという事は、シンプルに考えれば当たり前の話のような気がします。米国投資に興味がある人は参考にしてみてください。(NYダウへの投資が魅力!


余談ですが、投資の資金を考えた場合、日本株は100株単元ごとの購入が基本ですが、米国株は1株から買えます。

「米国株は敷居が高い」イメージですが、買いやすさでも米国株に分があるというのが本当の話です。(敷居が高いのは日本株では?)

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株

≪おまけ≫
クレジットカード各社を確認したら、期間限定で入会時の特典が軒並みアップ!カードを作る事を検討している人は、この時期がチャンスです。

【2017年版】メインカードにお勧めのクレカを5枚選びました
(オススメは、楽天カードとエポスカード)


記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
2017-09-09(Sat)

革新1位のCRMは、注目の米国株

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

米国では、新しいビジネスモデルが次々と出てくるので将来期待が高い成長株がたくさんあります。

有名なところでは、電気自動車のテスラ、SNS最大手のフェイスブック、ネット配信サービスのネットフリックスなどがあります。

以前に記事で紹介したエヌビディアも同様です。


今回は、成長株としてズーット注目している“セールスフォース・ドットコム(CRM)”について書きます。こちらは、クラウド型の企業向け顧客管理ソフトを提供している会社です。(この分野で圧倒的なシェア)

【関連】セールスフォース・ドットコム(CRM)

直近の5年間で株価が2.5倍以上、10年なら5倍以上になっています。

非常に注目度が高い企業ですが、日本ではクローズアップされる事が少ないので「聞いた事も無いなぁ・・」と思う人もいるかもしれません。

しかし、クラウドやビッグデータ関連では超が付くほどに代表銘柄。顧客管理・マーケティング、分析においてその信頼度は圧倒的です。

日本で導入している企業を見てみると、三菱UFJフィナンシャルグループ、日立、ファーストリテイリング・・数えたらきりがありません。

最近で言えばRAIZAPグループやロボアドバイザーのTEHOなども導入しています。日本でも裏方として身近に存在する企業です。

また、この企業のソフトは超大手だけが対象ではなく、500人以下、100人以下の企業も対象となっているので、今後も市場拡大は続くと予想しています。


余談ですが、フォーブスから「世界で最も革新的な企業」が先月発表され、セールスフォース・ドットコムが第1位に選ばれました。

更に言えば、2011年からの発表で1位は5回、2位は2回と凄い順位。事業革新は勿論ですが投資家からの期待が常に高い企業だと言えます。

ちなみに、「世界で最も革新的な企業」の2位はテスラ、3位はアマゾンです。両銘柄と比べて、あまりにも日本では関心が低い気がします。


今期の業績については、ソフトウェア企業としては最速の売上100億ドル達成は確実な状況。

また、成長株は「いつになったら赤字から脱却するのかなぁ~」という感じの銘柄が多いのですが、セールスフォース・ドットコム(CRM)は前期で黒字に転換していいます。

アナリストなど専門家の今後に対する見通しも全般的に良好。

私がコンサルタントをしていた時の経験から考えても、セールスフォースのような事業を必要としている会社は無数にあります。現在は勿論ですが長期的に楽しみな企業です。

kaoruでした。

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、マネックス証券を利用しています。利益を出す為の条件が揃っており、個人的には米国株での優位性は圧倒的だと感じています。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

☆詳細・申込みはコチラ⇒マネックス証券(公式サイト)

マネックス証券_米国株
楽天証券が凄い!
取扱い投信のほぼ全てが、楽天ポイントで買いつけできる!
≪ポイントで投信購入が可能≫

楽天証券でしか購入できない楽天資産形成ファンドは隠れた実力ファンド。
(kaoruは積立実践中)

   
楽天証券の特徴 口コミ・評判を解説
はじめての米国株!?
米国株の魅力を初心者向けに解説。興味がある人は覗いてみてください。 米国株サイト案内

米国株 注目の50銘柄

海外ETF 注目の15銘柄

バフェットの保有銘柄

米国株ネット証券比較
MENU
IPOで強い証券は?
リンク集

このブログをリンクに追加する

※1ヶ月以上更新が無いブログは削除させていただく場合があります。
※現在、相互リンクの依頼は全てお断りをさせていただいております。
口座数NO.1証券
★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 の特徴 口コミ・評判を解説
免責・注意事項
本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。

管理責任者

Author:相談員kaoru
【保有資格】
・1級ファイナンシャル・プランニング技能士
・CFP®、証券外務員1種、その他

独立して事務所もありますが、カフェ
にいる時間の方が長いヾ(・・;)ォィォィ
美味しい珈琲を飲みながら仕事をする
のが大好きです。

カフェブログも不定期で更新中!?
オーガニックな暮らし

投資方針

IPO・国債は日興
★SMBC日興証券
《IPOの主幹事・取扱数がトップ水準》
IPO投資では必須の証券会社

個人向け国債キャンペーンの現金プレゼント額が大きい事で有名(大注目)

    
SMBC日興証券 FPがメリットを解説
私的年金の大本命!
老後資金の準備として魅力的!
iDeCo(イデコ)をFPが徹底解説。
確定拠出年金

【参考 老後資金】
老後資金は1億円いるって本当?
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:


投資・運用相談や経済の先行き予想などに対する質問、老後・介護・家計等に関する相談については、返信を致しかねますのでご了承ください。
また、問い合わせ内容により、返信が出来ないことがあります。