kaoruのメイン口座

★カブドットコム証券
《kaoruがメイン証券にする理由》
●投信の毎日積立が可能な貴重な会社
●株式売買の手数料は最安水準
●株価を気にせず優待を狙う技が人気
フリーETFは手数料無料で他社圧倒

カブドットコム証券 FPがメリットを解説

長期投資で注目!?

米国株

米国株で資産運用

★マネックス証券
●私は米国株で資産が急上昇↑
●継続的な成長は、日本株を圧倒!
年間配当4~5%の優良企業が多数
【銘柄情報】米国株 注目の50銘柄

私がもっとも利益を得ているのが米国株。個人的には日本株よりも全然簡単でした。
【マネックス証券が選ばれる理由はコレ】

MENU


IPOで強い証券は?

2017/1/17ライブスター証券を追加
前受金不要&平等抽選の好条件 IPO紹介バナー

FXの超~基本!

読者の要望でFXページを作りました。
FX‘はじめの一歩’ ↓↓クリック↓↓
本気でFX

J-REITを徹底解説

銀行預金の低下で、J-REIT(不動産投資信託)の人気が高まっています。
注目が集まる理由や投資を行う時の注意点&ポイントをまとめました。
はじめてのJ-REIT
★J-REITの銘柄研究 個別銘柄

リンク集


口座数NO.1証券

★SBI証券
《個人投資家から絶大な人気》
●投資信託の取扱数は業界トップ水準
投信マイレージサービスでコスト削減
●好利回りのSBI債は大人気!
●IPO取扱い数は業界トップ水準。

SBI証券 口座開設のメリットを解説

今月の注目は何?

株主優待

免責・注意事項

本ブログは管理人の私見・個人的な考え
のもと作成されています。
本ブログで得た情報に基づいて被った
損害については一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
商品選定・投資等は、本人の責任で行うようにしてください。


RSSリンクの表示


【参考】2017年2月米雇用統計の結果 ブログ更新

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

利上げムードが高まっており、為替の動きに注目が集まっています。

米国株投資のような海外投資では、為替の影響でリターンに違いが出てきますから、気にしている投資家も多いようです。

実際に「円高なら投資したいのだけど・・」「今は円安だしなぁ~」なんて話も時々ですが耳にしますね。私自身も円高時に仕込めたらいいなぁ~と思っています。

ただし、実際には米国株の投資判断で為替は大きな材料とはしていません。円高で仕込めたらラッキーと思う程度で、チャンスと感じれば1ドル=130円の円安状況でも投資をします。

あくまでも重要なのは企業の将来性や割安度という事ですね。

為替に固執しない理由としては、“長期では円安予想なので・・”という事もあるのですが、最大の理由は株価上昇スピードが為替変動より勝っていると思っているからです。

例えば、2016年に大きく上昇した銘柄は、半導体のエヌビディア(NVDA)です。こちらはゲーム向けが収益の柱となっていますが、自動運転の銘柄としても人気が高いですね。

★銘柄の詳細はコチラ⇒エヌビディア(NVDA)

この企業は業績好調&将来性という魅力が重なり1年で株価が約3倍になりました。為替を気にして投資を躊躇した人は完全なチャンスロスですね。

エヌビディアはチョット極端なのでNYダウで考えてみましょう。5年前は12,000㌦くらいでしたが、現在は21,000㌦近辺ですね。

つまり“5年前に仮に1ドル=130円で投資をしても、リターンは大きかった”という事です。この継続的な成長こそ米国投資の魅力だと思います。

投資ですので今後も同様になる保証はありませんが、私は過去のデータや現在の状況を見る限り、為替変動よりも企業価値を重視して投資判断をした方が良いと思っています。

ちなみに、先ほどのエヌビディアですが先月の決算発表は市場予想をクリアする好内容でしたが、投資家の期待が高すぎて株価がやや調整しました。

個人的には将来期待値から再度上昇軌道に乗る気がしており、長期保有で狙っていくのも面白いと考えている銘柄です。

ただし、上記のような成長株は配当も小さいく、将来シナリオが崩れればズルズル下落する可能性もあります。初心者や安定性を重視したい人はNYダウのような大型銘柄を選択した方が無難です。

実際の話として、米国株で資産を増やしている人は大型株を中心に堅実に投資をしている人が大半。ダウ銘柄だけでも、凄腕の投資家みたいなリターンが狙えるのですから、当然の話です。

例えば、直近でもアップルは1年で40%、IBMは35%上昇しており、大型株でも好リターンが狙えるのは過去のデータをみれば明らかです。

【参考】NYダウへの投資が魅力!

ちょっと最後は話が脱線しましたが、私の投資スタンスとしては“米国株の魅力は上昇パワーなので、為替は付録程度にしか考えていない”という事です。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

マネックス証券_米国株

私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説
(2017年3月末までは、全通貨スワップポイントが大幅アップ)

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

最近は資産運用に対して積極的な人が増えてきており、積立投資に対して興味を持つ人が増えてきています。

ただし、全員が順調というわけではありません。なかには投資を5年、10年と続けても資産が思ったよりも増えてない人もいます。

私の仕事で得た経験では、商品の良し悪しというよりも、勿体ない判断ミスから運用が低迷しているケースが目立ちます。私の考える勿体ないパターンを挙げておきます。

多いのは、「やっぱり、あの投信の方がいい」といった時の対処ミス。投信の商品を変更するのは自己判断ですから構いません。問題は既存の投信を売却した資金の行方です。

新しい投信に再投資すれば問題ないのですが、手元に残っているパターンが多いです。

投信変更のパターンでは「世界市場が下がった時に再投資」と考えている人が多いのですが、狙いすぎて投資タイミングを失っているケースが目立ちます。

これは個人的な考えですが、世界経済は毎年成長している事を考えれば、投信の変更時は、7~8割くらいは即移動させてしまった方が良いと思います。
(上昇が続いてしまうと心理的に再投資できなくなる可能性がある?)

投信は資金が増えてから、リターンの絶対額が大きくなります。10万円の10%は1万円ですが、1000万円の10%は100万円ですからね。

私は積立投資を長く行っているので、市場が強い時期は百万単位で資産が増えます。これは、単純に継続してきた事に対する結果であって、投資判断や運用能力は全く関係ない話です。

【参考】はじめての投資信託 2017年版に更新中

また、1年や2年くらい投信成績が悪いと「この投信はダメだ~」という人もいますが、これは投信に対する考え方が間違っているケースが多いです。

実は10年以上の長期で好成績を出しているファンドでも、2年くらい低迷(インデックスを下回る)するのは普通の事です。そもそも投信の多くは長期設計で目先の1~2年の結果は追っかけていません。

1年くらい成績が悪い事を理由に売却すると、底値売りというパターンが多いので注意が必要。ある程度の実績があって、資金流入さえ続いていれば、過剰に反応しなくて良いと思います。

【参考】純資産残高のチェックは必須

私が積立投資を継続するのは、「投資信託は長期成果を目指す商品設計」「資産が大きくなればリターン時の絶対額も大きくなる」という当たりまえの事実に従っているだけです。

積立投資は知識がある人が良い結果が出る投資ではありません。当たり前の事を、当たり前のように実行する人が成功する投資だと私は考えています。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私の資産運用の柱は、セゾン投信の積立と世界経済インデックスファンドの毎日積立です。

運用は専門家にお任せなので、深く考えずに貯金感覚で実施しています。
(私は年リターン5%程度で試算⇒セゾン投信のポイント

投資信託|セゾン投信
こちらの運用方法・投資方針は資料を読むだけでも、とても勉強になります。
<資料請求無料>

私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

ついに株主優待の最大イベントである3月が来ました!
普段は米国株や投資信託がメインですが、3月の主役と言えば株主優待です。

私自身は3月優待に数百万の資金を投じる計画をしています。
何と言っても、優待銘柄数が約730もあるので、資金があればあるほど見返りが大きくなります。最低でも10銘柄以上は獲得したいと考えています。

もっとも、数百万は大金ですのでチョット苦しい金額です。
ただし、優待の場合は権利日の1日だけ保有すればOKですので、短期間ならばどうにかなります。(1千万くらい用意するかも?)

基本的に、値動の影響を気にしないで優待が貰える“クロス取引”がメインですので、資金拘束は1週間程度でマイナス面は少しの手数料だけです。

【参考】株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引

最近はクロス取引の参加者が増加して競争率が激化!月によっては数週間前から準備をしないと難しい状況もあるのですが、2月は権利最終日でも余裕でした。(夫婦で5銘柄を獲得)

3月は銘柄が多いので分散する傾向がある事から直前でも拾える銘柄が多いと予想しています。

優待クロス取引については、【カブドットコム証券 優待専用ページ】でも詳しく解説しています。各月の人気銘柄も紹介されているので、興味がある人は覗いてみてください。

ちなみに、私が注目する3月銘柄は以下に貼っておきます。

3月の注目⇒★株主優待の祭典!【kaoru】

また、優待の検索機能が使いやすい事で有名なSBI証券も、優待で有名な桐谷さんのインタビューなども交えて魅力を紹介しています。

★コチラ⇒SBI証券 優待ページ

各証券会社の様子を見ても、3月は優待の別格月という事が分かると思います。

私自身も以前は優待に全然興味が無かったのですが、今ではスッカリはまってしまっています。そのキッカケとなったのが3月の優待です!

3月は“とにかく凄い”ので、優待に興味が無いという人も、1度は目を通して欲しいと思います。優待デビューには最良の月ですからね!

ちなみに、優待裏ワザのクロス取引で圧倒的に銘柄数が多いカブコムさんの口座開設は、ネット依頼ならば数日(最速は翌日)、郵送でも1週間程度で取引可能になるので、今からでも全然余裕で間にあうと思います。

この証券会社は、優待に関しては他社とレベルが違うので、優待取りに興味がある人は早めの口座開設をオススメします。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券
クロス取引で重要な一般信用の取扱い銘柄数が業界で最大級である事から。優待ファンの間では必須証券と呼ばれています。優待を中心に取引を行う投資家は、大注目の証券会社。

【参考】カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

【優待ファンから人気の理由】
●月毎の優待銘柄が分かりやすく表示されており、検索も簡単に行えます。
●毎月の優待利回りランキングは、銘柄探しの参考になります。
●一般信用は約2200銘柄!この銘柄数は圧倒的。(優待クロス取引で有利)


私が投資している商品はコチラ2017年 運用商品&投資方針

テーマ : 株主優待 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

マネックス証券が海外ETFのうち28銘柄について、売買手数料を無料にする「ゼロETF」を発表した事が話題になっています。“米国株でNO.1”という会社の意気込みを感じる取組です。

【参考】ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料

確かに海外ETFは非常に魅力的なのですが、手数料が国内投資の時よりも割高な点がネックではあったので、投資家にとっては朗報とも言えます。

ただ、銘柄を見るとウィズダムツリーのETFで、バンガードやiシェアーズといった日本でお馴染みのものとはちょっと違いますね。

簡単に説明しておくと、ウィズダムツリーではS&P500やNYダウといった一般的なインデックスは採用していません。

企業の経営状況をもとに銘柄を構築した指数(ファンダメンタル指数)を独自に開発しており、それに連動するETFを販売しています。

ザックリと特徴を言えば、ウィズダムツリーのETFは基本的に配当を出している企業に絞り込んでいます。フェイスブックのようなメジャー企業でも無配であれば、投資対象から外れる事になります。

さて、個人的に注目のETFを2つですね。米国への投資でS&P500よりもパフォーマンスが良い事を基準に選択してみました。

まずは、配当を実施している米国の小型株に投資するタイプですね。
直近1年は30%オーバーのリターンと強烈で、5年間で考えてもS&P500より年率リターンが高くなっています。

ウィズダムツリー米国小型株配当ファンド(DES)

基本的にトランプ政権は米国内を盛り上げようという考えですから、国内向けが多い小型株には追い風です。

ただし、小型株は短中期が基本ですので、トランプ大統領の政策がネタ切れ雰囲気が漂ってくれば、さっさと売却する方が安全な気がします。

安定感という事も考えた時には配当を実施している中型株で運用するタイプ。
こちらの値動きは小型株と比べるとかなり安定。リターンもS&P500よりも継続的に上回っているので面白いですね。

ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(DON)

似たような銘柄は、バンガードでも信託報酬が安いETFがあると思いますが、中小型株は長くても1年程度の保有というスタンス。短中期では売買手数料を優先した方がコストダウンの効果は絶大です。

基本的に「ゼロETF」は長期投資よりも1年以内の短中期でメリットがでると考えています。S&P500などを柱に+αで加えるイメージですね。

米国投資の選択肢が広がった点で考えると非常に良い事だと思います。マネックス証券の本気モードが凄いので、今後の採用銘柄拡大にも期待できそうです。

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

【追記】
私は米国株や海外ETFでは、取引条件が良いマネックス証券を利用しています。
米国株は証券各社で手数料や取引条件が大きく違うので注意してください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較

マネックス証券 米国株
●米国株のオンラインセミナーは、“わかりやすい”と大好評。
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
●米国株の時間外取引ができる貴重な会社です。
●売買手数料が無料の「ゼロETF」が話題。

マネックス証券_米国株

私の外貨投資は積立FX積立FX 口座開設のメリットをFPが解説
(2017年3月末までは、全通貨スワップポイントが大幅アップ)

テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

資産運用相談員kaoruのちょっといい話

ひふみ投信がテレビ番組で特集された事もあり、注目度が高まっていますね。もともと実力派ファンドですので、今までの評価が低すぎたというのが正しいかもしれません。

【参考】ひふみ投信のメリットをFPが解説

購入は運用会社であるレオス・キャピタルワークス(株)に「ひふみ投信」を直接申し込む方法(直販)と、証券会社で投信の「ひふみプラス」を選択する方法があります。

「ひふみ投信」と「ひふみプラス」は名前こそ違いますが、基本的に運用成績は同じですので“どっちが良い”という事はありません。

厳密には信託報酬(年間コスト)のルールはちょっと違いますが、これも気にしなくて良いレベルです。この2社の選択については、時々質問があるので私の個人的な見解を書いておきます。

まず、情報(レポートやセミナーなど)が欲しい人は、直販の「ひふみ投信」を選択すべきだと思います。私は情報重視ですのでコチラを選択しています。

ただし、積立投資の自由度は証券会社から購入する「ひふみプラス」の方が有利です。お任せ投信ですので、情報よりも自由度を優先するのもありです。

【参考】“ひふみプラス”と“ひふみ投信”って、どっちが良いの?

例えば「ひふみ投信」の積立設定の最低額は1万円ですが、カブドットコム証券SBI証券ならば500円から可能です。

特にカブドットコム証券では、月に複数回の設定が出来るので3日ごとに積立を行ったり毎日の積立にしたり自由自在です(残念ながらSBI証券は複数回不可)

個人的には「ひふみ」に関して言えば、月1回よりも複数回の方が良いと思っているので、証券会社からの購入は面白いと思います。

「ひふみ」は成績を見るとトレンドは右肩上がりですが、短期的な値動きジグザグが大きめです。特にセゾン投信のような安定型を中心に運用を行っている人は、値動きの大きさに戸惑う人もいるようです。

ただし、値動きの大きくて右肩上がりの投信は安値地点でシッカリ拾えれば、リターン期待も高くなります。安い時も確実に拾いたいと考える人は複数設定の方が有利だと思います

もっとも、月1回と毎日積立で比較して将来のリターンが極端に変わる事は無いと思いますが、心理面では複数回設定の方が格段に良くなるかな?

【参考】毎日積立?究極のドルコスト平均法 メリットをFPが解説

今回のひふみのような優良投信であっても1~2年の積立投資を挫折してしまえば、リターンの満足度は小さくなる可能性が高いです。

自分がもっとも長続きしそうな方法を選択するのが重要!私は情報を取る事で安心するタイプなので直販のひふみ投信となりました。

ただ、いろんな人の話を聞くと、複数回の積立(証券会社から購入)をしたら「値動きが気にならなくなったので良かった」という意見が多いので、こちらの方が一般的かもしれません?

kaoruでした。

記事が面白かった時は、ポチッとしてください!
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

カブドットコム証券は、毎日積立が可能な貴重な証券会社です!
500円から積立ができますので、興味がある人はチャレンジしてみてください。
個人的には、フリーETF(手数料無料のETF)が、大注目商品。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

【投資信託が凄い】
●取扱い銘柄の約半数が手数料無料(ノーロード)
●毎月500円から積立可能なので、お小遣いでも投資が可能
●毎日積立(究極のドルコスト平均法)が実施可能な貴重な会社
●銀行引き落としの選択もできるので、入金の手間が省けます


3月のお得情報2017年3月 サイト限定のキャンペーン

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»